【宅建でも出題があるかも?民法編】 行政書士過去問 H23-33 事務管理

民法で満点が取りたい方のために、宅建試験でも出そうな、行政書士本試験問題を選んで掲載しています。

民法の基本知識の勉強が済んでいない方は、モチベーションが下がる可能性がありますので、
見ない方がいいと思います。
逆に多くの判例を知っておきたいと言う方は、正解不正解に関係なく、
ぜひ、挑戦して頂いて、知識を広げてください。

行政書士民法 H23-33 事務管理 問題

Aの隣人であるBは、Aの不在の間に台風によってA所有の甲建物(以下、「甲」という。)の屋根が損傷したため修繕を行った。この場合に関する次の記述のうち、民法の規定および判例に照らし、妥当なものはどれか。

  1. Bは、Aからあらかじめ甲の管理を頼まれていなかったにもかかわらず、Aのために修繕を行ったが、強風に煽られて屋根から落下してしまい、受傷した。この場合に、Bは、Aに対して損害賠償を請求することができない。
  2. Bは、Aから不在中における甲の管理を頼まれていたために修繕を行ったが、屋根から下りる際にBの不注意により足を滑らせて転倒し受傷した。この場合に、Bは、Aに対して損害賠償を請求することができる。
  3. Bは、Aからあらかじめ甲の管理を頼まれていなかったにもかかわらず、Aのために修繕を行ったが、それがAにとって有益であるときは、Bは、Aに対して報酬を請求することができる。
  4. Bは、Aからあらかじめ甲の管理を頼まれていなかったにもかかわらず、工務店を営むCに修繕を請け負わせた。このようなBの行為は、Aのための事務管理にあたるから、これによりCは、Aに対して工事代金の支払いを直接に請求することができる。
  5. Bは、Aからあらかじめ甲の管理を頼まれていなかったにもかかわらず、工務店を営むCに修繕を請け負わせたが、実はAがCによる修繕を望んでいないことが後になって判明した。このような場合、甲にとって必要不可欠な修繕であっても、Bは、Aに対してその費用の支払いを請求することができない。



行政書士民法 H23-33 事務管理 解説

 

1. 〇 妥当

【問題】

Aの隣人であるBは、Aの不在の間に台風によってA所有の甲建物(以下、「甲」という。)の屋根が損傷したため修繕を行った。

Bは、Aからあらかじめ甲の管理を頼まれていなかったにもかかわらず、Aのために修繕を行ったが、強風に煽られて屋根から落下してしまい、受傷した。この場合に、Bは、Aに対して損害賠償を請求することができない。

【解説】

あなたがAの立場だったら、損害賠償なんて応じますか?
Bは善意で、甲建物の屋根を修繕してくれたかもしれませんが、勝手にやったことで、怪我をしたから損害賠償しろと言うのは、おかしいと誰でも思うと思います。
ですから、これは記述の通り、Bは、Aに対して損害賠償を請求することができません。

また、「あらかじめ甲の管理を頼まれていなかったにもかかわらず」と言った文章が出てきたら、『事務管理』の規定だと考えてください。

民法697条1項
義務なく他人のために事務の管理を始めた者(以下この章において「管理者」という。)は、その事務の性質に従い、最も本人の利益に適合する方法によって、その事務の管理(以下「事務管理」という。)をしなければならない。

そして、事務管理については、損害賠償請求の規定はありませんので、Bは、Aに対して損害賠償を請求することができないとなります。

 

2. × 妥当でない

【問題】

Aの隣人であるBは、Aの不在の間に台風によってA所有の甲建物(以下、「甲」という。)の屋根が損傷したため修繕を行った。

Bは、Aから不在中における甲の管理を頼まれていたために修繕を行ったが、屋根から下りる際にBの不注意により足を滑らせて転倒し受傷した。この場合に、Bは、Aに対して損害賠償を請求することができる。

【解説】

例えば、あなたが、わたしに屋根の修理を依頼したとしましょう。
わたしが、屋根の修理中、不注意で怪我をしたとしたら、あなたがその損害を賠償してくれますか?

御見舞金ぐらいは出すでしょうが、病院代等の損害まで、出すことはないと思います。
なぜなら、あなたに一切の過失はないからです。
わたしの不注意の結果の怪我だからです。

ですから、記述もBの不注意による受傷ですので、無過失のAに対して損害賠償を請求することはできません。

なお、「甲の管理を頼まれていたため」との記載がありますから、民法の規定は準委任契約となります。準委任契約は委任契約の規定が準用されます。

民法650条3項
受任者は、委任事務を処理するため自己に過失なく損害を受けたときは、委任者に対し、その賠償を請求することができる。

 

3. × 妥当でない

【問題】

Aの隣人であるBは、Aの不在の間に台風によってA所有の甲建物(以下、「甲」という。)の屋根が損傷したため修繕を行った。

Bは、Aからあらかじめ甲の管理を頼まれていなかったにもかかわらず、Aのために修繕を行ったが、それがAにとって有益であるときは、Bは、Aに対して報酬を請求することができる。

【解説】

Aは、Bのおかげで、屋根を修繕する手間が省けたことになりますから、Bが修繕のために支出したお金等は、償還しても何の問題もないと思いますが、更に、Bが手間賃などの報酬まで要求されては、Aの方は、「だったら自分で修繕していた」と主張するかも知れません。

Bは、Aからあらかじめ甲の管理を頼まれていないのですから、この主張に反論することはできませんから、有益費の償還は可能ですが、報酬の請求まではできないとなります。

 

4. × 妥当でない

【問題】

Aの隣人であるBは、Aの不在の間に台風によってA所有の甲建物(以下、「甲」という。)の屋根が損傷したため修繕を行った。

Bは、Aからあらかじめ甲の管理を頼まれていなかったにもかかわらず、工務店を営むCに修繕を請け負わせた。このようなBの行為は、Aのための事務管理にあたるから、これによりCは、Aに対して工事代金の支払いを直接に請求することができる。

【解説】

あなたが工務店Cだとしたら、Aに工事代金の請求をしますか?
わたしだった、Bに請求します。
なぜなら、請負契約を結んだのは、Bだからです。
Aとは結んでいません。
請負契約は、Aとは無関係なのですから、Aに請求できるはずがないとなります。

 

5. × 妥当でない

【問題】

Aの隣人であるBは、Aの不在の間に台風によってA所有の甲建物(以下、「甲」という。)の屋根が損傷したため修繕を行った。

Bは、Aからあらかじめ甲の管理を頼まれていなかったにもかかわらず、工務店を営むCに修繕を請け負わせたが、実はAがCによる修繕を望んでいないことが後になって判明した。このような場合、甲にとって必要不可欠な修繕であっても、Bは、Aに対してその費用の支払いを請求することができない。

【解説】

肢3と同様です。
有益費の償還は可能ですが、報酬の請求まではできないとなります。
つまり、工務店Cが修繕に必要な材料費等は支払う必要がありますが、人件費等の報酬までは支払う必要がないとなります。

 

1
以上より、解答はでした。 

ご意見、ご質問などございましたら、コメント欄にお願いします。
ランキングに参加しています。
↓↓↓↓ポチッと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村

行政書士 【民法】 過去問 一覧

行政書士 民法 過去問
H29 時効取得 H29 物権的請求権 H29 連帯債務 H29 遺言
H28 時効の援用権者 H28 無権代理 H28 共 有 H28 不動産の先取特権
H28 根抵当権 H28 債務不履行責任 H28 不法行為 H27 制限行為能力者
H27 相隣関係 H27 留置権 H27 代物弁済 H27 贈与
H26 意思表示 H26 共有 H25 取得時効 H25 契約解除
H25 賃貸借 H25 不法原因給付 H24 制限行為能力等 H24 通行地役権
H24 担保責任 H24 無償契約 H24 賃貸借 H24 相続
H23 意思表示 H23 時効 H23 法定地上権 H23 連帯債務,連帯保証
H23 契約解除 H23 事務管理 H23 請負契約 H22 意思表示
H22 時効中断 H22 共有物分割 H22 保証 H22 委任と事務処理の違い
H22 不当利得 H22 相続,失踪の宣告 H21 代理 H21 時効
H21 共有物分割 H21 催告 H21 連帯債務 H21 必要費,有益費
H21 不法行為 H20 通謀虚偽表示 H20 無権代理 H20 対抗関係
H20 土地の明渡請求 H20 抵当権 H20 連帯債務,共有 H20 相殺
H19 混合問題 H19 不動産賃貸の先取特権 H19 申込みと承諾 H19 相続
H18 制限行為能力者 H18 所有権の原始取得 H18 混合問題 H18 契約の履行
H18 履行期 H18 転貸借 H18 不法行為,使用者責任 H17 制限行為能力制度
H17 対抗関係 H17 贈与,遺贈 H17 遺留分減殺請求権 H16 不動産売買
H16 抵当権,一括競売 H16 委任 H15 代理 H15 混合問題
H15 相続

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください