【宅建でも出題があるかも?民法編】 行政書士過去問 H22-35 相続,失踪の宣告

民法で満点が取りたい方のために、宅建試験でも出そうな、行政書士本試験問題を選んで掲載しています。

民法の基本知識の勉強が済んでいない方は、モチベーションが下がる可能性がありますので、
見ない方がいいと思います。
逆に多くの判例を知っておきたいと言う方は、正解不正解に関係なく、
ぜひ、挑戦して頂いて、知識を広げてください。

行政書士民法 H22-35 相続,失踪の宣告 問題

Aは、海外出張に出かけたが、帰国予定の日に帰国しないまま長期間が経過した。その間、家族としては関係者および関係機関に問い合わせ、可能な限りの捜索をしたが、生死不明のまま出張から10年以上が経過した。そこで、Aについて、Aの妻Bの請求に基づき家庭裁判所によって失踪宣告がなされた。Aの相続人としては、妻Bおよび子Cの2人がいる場合に関する次のア~オの記述のうち、民法の規定および判例に照らし、妥当なものの組合せはどれか。

ア. BがAの出張前にAから誕生日に宝石をプレゼントされていたときは、Aの相続開始とされる時においてAが有していた財産の価額に、その宝石の価額を加えたものを相続財産とみなし、Bの相続分の中からその宝石の価額を控除した残額をもってBの相続分とする。

イ. Aの相続についての限定承認は、BとCが共同してのみ家庭裁判所に申述することができる。

ウ. Aの遺言が存在した場合に、その遺言の効力は、Aの生死が不明になった時から7年の期間が満了した時からその効力を生ずる。

エ. CがAの失踪宣告前にAの無権代理人としてA所有の土地および建物をDに売却した場合に、BがCと共同して追認をしないときでも、当該無権代理行為は有効となる。

オ. Aについて失踪宣告がなされた後にBはD男と婚姻したが、その後、失踪宣告が取り消された場合に、A・B間の婚姻とB・D間の婚姻は、戸籍の上では共に存在することになるが、両者の婚姻は、当然には無効とならず、共に重婚を理由として取り消し得るにすぎない。

  1. ア・イ
  2. ア・オ
  3. イ・ウ
  4. ウ・エ
  5. エ・オ



行政書士民法 H22-35 相続,失踪の宣告 解説

 

ア. × 妥当ではない

【問題】

Aは、海外出張に出かけたが、帰国予定の日に帰国しないまま長期間が経過した。その間、家族としては関係者および関係機関に問い合わせ、可能な限りの捜索をしたが、生死不明のまま出張から10年以上が経過した。そこで、Aについて、Aの妻Bの請求に基づき家庭裁判所によって失踪宣告がなされた。Aの相続人としては、妻Bおよび子Cの2人がいる場合

BがAの出張前にAから誕生日に宝石をプレゼントされていたときは、Aの相続開始とされる時においてAが有していた財産の価額に、その宝石の価額を加えたものを相続財産とみなし、Bの相続分の中からその宝石の価額を控除した残額をもってBの相続分とする。

【解説】

民法903条1項
共同相続人中に、被相続人から、遺贈を受け、又は婚姻若しくは養子縁組のため若しくは生計の資本として贈与を受けた者があるときは、被相続人が相続開始の時において有した財産の価額にその贈与の価額を加えたものを相続財産とみなし、前三条の規定により算定した相続分の中からその遺贈又は贈与の価額を控除した残額をもってその者の相続分とする。

上記条文には、「生計の資本として贈与を受けた者」となっています。と言うことは、ある程度、高額な財産価値を持つ物だと、推察できますから、誕生日プレゼント程度は、含まれないことになりますので、記述のような控除計算は行わないとなり、妥当ではないとなります。

 

イ. 〇 妥当

【問題】

Aは、海外出張に出かけたが、帰国予定の日に帰国しないまま長期間が経過した。その間、家族としては関係者および関係機関に問い合わせ、可能な限りの捜索をしたが、生死不明のまま出張から10年以上が経過した。そこで、Aについて、Aの妻Bの請求に基づき家庭裁判所によって失踪宣告がなされた。Aの相続人としては、妻Bおよび子Cの2人がいる場合

Aの相続についての限定承認は、BとCが共同してのみ家庭裁判所に申述することができる。

【解説】

記述の通りです。

民法923条
相続人が数人あるときは、限定承認は、共同相続人の全員が共同してのみこれをすることができる。

 

ウ. 〇 妥当

【問題】

Aは、海外出張に出かけたが、帰国予定の日に帰国しないまま長期間が経過した。その間、家族としては関係者および関係機関に問い合わせ、可能な限りの捜索をしたが、生死不明のまま出張から10年以上が経過した。そこで、Aについて、Aの妻Bの請求に基づき家庭裁判所によって失踪宣告がなされた。Aの相続人としては、妻Bおよび子Cの2人がいる場合

Aの遺言が存在した場合に、その遺言の効力は、Aの生死が不明になった時から7年の期間が満了した時からその効力を生ずる。

【解説】

不在者の生死が7年間明らかでないときは、家庭裁判所は、利害関係人の請求により、失踪の宣告をすることができます(30条1項)。

失踪の宣告を受けた者は死亡したものとみなされます(31条)。

遺言は、遺言者の死亡の時からその効力を生じますから(985条)、記述の通り、遺言の効力は、Aの生死が不明になった時から7年の期間が満了した時からその効力を生じることになります。

 

エ. × 妥当ではない

【問題】

Aは、海外出張に出かけたが、帰国予定の日に帰国しないまま長期間が経過した。その間、家族としては関係者および関係機関に問い合わせ、可能な限りの捜索をしたが、生死不明のまま出張から10年以上が経過した。そこで、Aについて、Aの妻Bの請求に基づき家庭裁判所によって失踪宣告がなされた。Aの相続人としては、妻Bおよび子Cの2人がいる場合

CがAの失踪宣告前にAの無権代理人としてA所有の土地および建物をDに売却した場合に、BがCと共同して追認をしないときでも、当該無権代理行為は有効となる。

【解説】

Aの失踪宣告により、土地および建物は相続され、BCの共有となっています。
共有の場合、共有物を売却すると言うような変更行為は、共有者全員の同意が必要でした。ですから、共同相続人の一人でも追認拒絶をすれば無権代理行為は、無効となり、記述は妥当ではないとなります。

 

オ. × 妥当ではない

【問題】

Aは、海外出張に出かけたが、帰国予定の日に帰国しないまま長期間が経過した。その間、家族としては関係者および関係機関に問い合わせ、可能な限りの捜索をしたが、生死不明のまま出張から10年以上が経過した。そこで、Aについて、Aの妻Bの請求に基づき家庭裁判所によって失踪宣告がなされた。Aの相続人としては、妻Bおよび子Cの2人がいる場合

Aについて失踪宣告がなされた後にBはD男と婚姻したが、その後、失踪宣告が取り消された場合に、A・B間の婚姻とB・D間の婚姻は、戸籍の上では共に存在することになるが、両者の婚姻は、当然には無効とならず、共に重婚を理由として取り消し得るにすぎない。

【解説】

民法32条1項
失踪者が生存すること又は前条に規定する時と異なる時に死亡したことの証明があったときは、家庭裁判所は、本人又は利害関係人の請求により、失踪の宣告を取り消さなければならない。この場合において、その取消しは、失踪の宣告後その取消し前に善意でした行為の効力に影響を及ぼさない

上記条文には、「失踪の宣告後その取消し前に善意でした行為の効力に影響を及ぼさない」となっています。と言うことは、BもDも善意であったら、BD間の婚姻の効力は消滅することはないとなります。そして、この場合、法に矛盾するAB間の婚姻は、復活はしないことになります。よって、記述は妥当ではありません。

 

妥当な肢は、イウ
以上より、解答はでした。 

ご意見、ご質問などございましたら、コメント欄にお願いします。
ランキングに参加しています。
↓↓↓↓ポチッと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村

行政書士 【民法】 過去問 一覧

行政書士 民法 過去問
H29 時効取得 H29 物権的請求権 H29 連帯債務 H29 遺言
H28 時効の援用権者 H28 無権代理 H28 共 有 H28 不動産の先取特権
H28 根抵当権 H28 債務不履行責任 H28 不法行為 H27 制限行為能力者
H27 相隣関係 H27 留置権 H27 代物弁済 H27 贈与
H26 意思表示 H26 共有 H25 取得時効 H25 契約解除
H25 賃貸借 H25 不法原因給付 H24 制限行為能力等 H24 通行地役権
H24 担保責任 H24 無償契約 H24 賃貸借 H24 相続
H23 意思表示 H23 時効 H23 法定地上権 H23 連帯債務,連帯保証
H23 契約解除 H23 事務管理 H23 請負契約 H22 意思表示
H22 時効中断 H22 共有物分割 H22 保証 H22 委任と事務処理の違い
H22 不当利得 H22 相続,失踪の宣告 H21 代理 H21 時効
H21 共有物分割 H21 催告 H21 連帯債務 H21 必要費,有益費
H21 不法行為 H20 通謀虚偽表示 H20 無権代理 H20 対抗関係
H20 土地の明渡請求 H20 抵当権 H20 連帯債務,共有 H20 相殺
H19 混合問題 H19 不動産賃貸の先取特権 H19 申込みと承諾 H19 相続
H18 制限行為能力者 H18 所有権の原始取得 H18 混合問題 H18 契約の履行
H18 履行期 H18 転貸借 H18 不法行為,使用者責任 H17 制限行為能力制度
H17 対抗関係 H17 贈与,遺贈 H17 遺留分減殺請求権 H16 不動産売買
H16 抵当権,一括競売 H16 委任 H15 代理 H15 混合問題
H15 相続

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください