【宅建でも出題があるかも?民法編】 行政書士過去問 H22-32 委任と事務処理の違い

民法で満点が取りたい方のために、宅建試験でも出そうな、行政書士本試験問題を選んで掲載しています。

民法の基本知識の勉強が済んでいない方は、モチベーションが下がる可能性がありますので、
見ない方がいいと思います。
逆に多くの判例を知っておきたいと言う方は、正解不正解に関係なく、
ぜひ、挑戦して頂いて、知識を広げてください。

行政書士民法 H22-32 委任と事務処理の違い 問題

AはBのためにある事務処理を行った。これが、【1】A・B間における委任契約に基づく債務の履行である場合と、【2】Bのために行った事務管理である場合とに関する次のア~オの記述のうち、正しいものの組合せはどれか。

ア. Aは、【1】の場合において、事務の処理に関して費用を要するときは、Bに対しその費用の前払いを請求することができるのに対し、【2】の場合には、Bに対し事務の管理により生じる費用の前払いを請求することができない。

イ. Aは、【1】の場合には、事務を処理するために善良なる管理者の注意をもって必要と判断した費用についてBに対し償還請求をすることができるのに対し、【2】の場合には、Bのために有益であった費用についてのみBに対し償還請求をすることができる。

ウ. Aは、【1】の場合には、Bを代理する権限が法律上当然には認められないのに対し、【2】の場合には、Bを代理する権限が法律上当然に認められる。

エ. Aは、【1】の場合には、事務を処理するにあたって受け取った金銭をBに引き渡さなければならないが、【2】の場合には、Bに対しそのような義務を負わない。

オ. Aは、【1】の場合には、委任の終了後に遅滞なくBに事務処理の経過および結果を報告しなければならないのに対し、【2】の場合には、事務管理を終了しても、Bの請求がない限り、事務処理の結果を報告する義務を負わない。

  1. ア・イ
  2. ア・オ
  3. イ・エ
  4. ウ・エ
  5. ウ・オ



行政書士民法 H22-32 委任と事務処理の違い 解説

 

ア. 〇 正しい

【問題】

【1】A・B間における委任契約に基づく債務の履行である場合
【2】Bのために行った事務管理である場合

Aは、【1】の場合において、事務の処理に関して費用を要するときは、Bに対しその費用の前払いを請求することができるのに対し、【2】の場合には、Bに対し事務の管理により生じる費用の前払いを請求することができない。

【解説】

【1】については、下記条文の通り正しいです。

民法649条
委任事務を処理するについて費用を要するときは、委任者は、受任者の請求により、その前払をしなければならない。

【2】については、民法に規定はありませんし、委任の規定の準用も否定されています。そもそも、事務管理とは、義務なく、他人の事務を管理するのですから、その事務管理にかかる費用を前払いしてくれなんて、言えるわけがないと言うことになります。
従って、記述は正しいです。

 

イ. 〇 正しい

【問題】

【1】A・B間における委任契約に基づく債務の履行である場合
【2】Bのために行った事務管理である場合

Aは、【1】の場合には、事務を処理するために善良なる管理者の注意をもって必要と判断した費用についてBに対し償還請求をすることができるのに対し、【2】の場合には、Bのために有益であった費用についてのみBに対し償還請求をすることができる。

【解説】

【1】については、下記条文の通り正しいです。

民法644条
受任者は、委任の本旨に従い、善良な管理者の注意をもって、委任事務を処理する義務を負う。

民法650条
受任者は、委任事務を処理するのに必要と認められる費用を支出したときは、委任者に対し、その費用及び支出の日以後におけるその利息の償還を請求することができる。

【2】についても、下記条文の通り正しいです。

民法702条1項
管理者は、本人のために有益な費用を支出したときは、本人に対し、その償還を請求することができる。

 

ウ. × 誤り

【問題】

【1】A・B間における委任契約に基づく債務の履行である場合
【2】Bのために行った事務管理である場合

Aは、【1】の場合には、Bを代理する権限が法律上当然には認められないのに対し、【2】の場合には、Bを代理する権限が法律上当然に認められる。

【解説】

【1】について、委任と言うのは、643条に、当事者の一方が法律行為をすることを相手方に委託し、相手方がこれを承諾することによって、その効力を生ずるとなっています。

一方、代理とは、99条に、代理人がその権限内において本人のためにすることを示してした意思表示は、本人に対して直接にその効力を生ずるとなっています。

このように、民法では、委任と代理を分けて規定していることから、委任であってもBを代理する権限が法律上当然には認められないケースも想定していると考えられますので、法律上当然には認められないとなり、記述は正しいです。

【2】については、事務管理は、義務なく、他人の事務を管理するのですから、その行為の効果が、当然には本人に及ぶようなことを認められるはずがありません。
ですから、記述は誤りだとなります。

 

エ. × 誤り

【問題】

【1】A・B間における委任契約に基づく債務の履行である場合
【2】Bのために行った事務管理である場合

Aは、【1】の場合には、事務を処理するにあたって受け取った金銭をBに引き渡さなければならないが、【2】の場合には、Bに対しそのような義務を負わない。

【解説】

常識的に考えれば、Bのために受取ったお金を、Bに渡さなくてもいいなんて規定するはずがありませんね。
【1】については、記述は正しいですが、【2】については、誤りとなります。

【1】民法646条1項
受任者は、委任事務を処理するに当たって受け取った金銭その他の物を委任者に引き渡さなければならない。その収取した果実についても、同様とする。

【2】民法701条
第六百四十五条から第六百四十七条までの規定は、事務管理について準用する。

 

オ. × 誤り

【問題】

【1】A・B間における委任契約に基づく債務の履行である場合
【2】Bのために行った事務管理である場合

Aは、【1】の場合には、委任の終了後に遅滞なくBに事務処理の経過および結果を報告しなければならないのに対し、【2】の場合には、事務管理を終了しても、Bの請求がない限り、事務処理の結果を報告する義務を負わない。

【解説】

【1】については、記述は正しいですが、【2】については、誤りとなります。

【1】民法645条1項
受任者は、委任者の請求があるときは、いつでも委任事務の処理の状況を報告し、委任が終了した後は、遅滞なくその経過及び結果を報告しなければならない。

【2】民法701条
第六百四十五条から第六百四十七条までの規定は、事務管理について準用する。

 

正しい肢は、アイ
以上より、解答はでした。 

ご意見、ご質問などございましたら、コメント欄にお願いします。
ランキングに参加しています。
↓↓↓↓ポチッと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村

行政書士 【民法】 過去問 一覧

行政書士 民法 過去問
H29 時効取得 H29 物権的請求権 H29 連帯債務 H29 遺言
H28 時効の援用権者 H28 無権代理 H28 共 有 H28 不動産の先取特権
H28 根抵当権 H28 債務不履行責任 H28 不法行為 H27 制限行為能力者
H27 相隣関係 H27 留置権 H27 代物弁済 H27 贈与
H26 意思表示 H26 共有 H25 取得時効 H25 契約解除
H25 賃貸借 H25 不法原因給付 H24 制限行為能力等 H24 通行地役権
H24 担保責任 H24 無償契約 H24 賃貸借 H24 相続
H23 意思表示 H23 時効 H23 法定地上権 H23 連帯債務,連帯保証
H23 契約解除 H23 事務管理 H23 請負契約 H22 意思表示
H22 時効中断 H22 共有物分割 H22 保証 H22 委任と事務処理の違い
H22 不当利得 H22 相続,失踪の宣告 H21 代理 H21 時効
H21 共有物分割 H21 催告 H21 連帯債務 H21 必要費,有益費
H21 不法行為 H20 通謀虚偽表示 H20 無権代理 H20 対抗関係
H20 土地の明渡請求 H20 抵当権 H20 連帯債務,共有 H20 相殺
H19 混合問題 H19 不動産賃貸の先取特権 H19 申込みと承諾 H19 相続
H18 制限行為能力者 H18 所有権の原始取得 H18 混合問題 H18 契約の履行
H18 履行期 H18 転貸借 H18 不法行為,使用者責任 H17 制限行為能力制度
H17 対抗関係 H17 贈与,遺贈 H17 遺留分減殺請求権 H16 不動産売買
H16 抵当権,一括競売 H16 委任 H15 代理 H15 混合問題
H15 相続

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください