【宅建でも出題があるかも?民法編】 行政書士過去問 H18-29 所有権の原始取得

民法で満点が取りたい方のために、宅建試験でも出そうな、行政書士本試験問題を選んで掲載しています。

民法の基本知識の勉強が済んでいない方は、モチベーションが下がる可能性がありますので、
見ない方がいいと思います。
逆に多くの判例を知っておきたいと言う方は、正解不正解に関係なく、
ぜひ、挑戦して頂いて、知識を広げてください。

行政書士民法 H18-29 所有権の原始取得 問題

所有権の原始取得に関する次の記述のうち、妥当なものはどれか。

  1. Aは、B所有の土地をBの所有であると知りつつ所有の意思をもって平穏かつ公然に10年間占有した場合に、その土地の所有権を取得する。
  2. Aの所有する動産とBの所有する動産が付合して分離することが不可能になった場合において、両動産について主従の区別をすることができないときには、AとBは、当然に相等しい割合でその合成物を共有するものとみなす。
  3. BがAの所持する材料に工作を加えて椅子を完成させた場合に、その椅子の所有権は、AとBとの取決めに関係なく、Aに帰属する。
  4. Bの所有する動産がAの所有する不動産に従として付合した場合に、AとBは、AとBとの取決めに関係なく、Aの不動産の価格とBの動産の価格の割合に応じてその合成物を共有する。
  5. Aは、所有者のいない動産を所有の意思をもって占有を始めた場合に、その動産の所有権を取得する。



行政書士民法 H18-29 所有権の原始取得 解説

 

1. × 妥当でない

【問題】

Aは、B所有の土地をBの所有であると知りつつ所有の意思をもって平穏かつ公然に10年間占有した場合に、その土地の所有権を取得する。

【解説】

悪意の占有者の場合、所有権の時効取得は20年間です。

民法162条

  1. 二十年間、所有の意思をもって、平穏に、かつ、公然と他人の物を占有した者は、その所有権を取得する。
  2. 十年間、所有の意思をもって、平穏に、かつ、公然と他人の物を占有した者は、その占有の開始の時に、善意であり、かつ、過失がなかったときは、その所有権を取得する。

 

2. × 妥当でない

【問題】

Aの所有する動産とBの所有する動産が付合して分離することが不可能になった場合において、両動産について主従の区別をすることができないときには、AとBは、当然に相等しい割合でその合成物を共有するものとみなす。

【解説】

付合と言うのは、違う所有者に属する2個以上の物が結合し、分離させると経済上著しく不利益となるため、1個の物とすることを言います。
宅建試験で、本肢のような、動産同士の付合の出題は考えにくいですが、不動産と動産の付合は十分考えられるため、本肢も予備知識として、見ておいて損はないと思います。

民法242条
不動産の所有者は、その不動産に従として付合した物の所有権を取得する。ただし、権原によってその物を附属させた他人の権利を妨げない。

民法244条
付合した動産について主従の区別をすることができないときは、各動産の所有者は、その付合の時における価格の割合に応じてその合成物を共有する。

242条は、動産の付合の原則です。
その例外が244条となっています。

主従の関係がはっきりわかるなら、主たる動産の所有者が所有権を取得することになります。そして、主従の区別をすることができないときは、共有となりますが、その持分は、付合する前の価格の割合となります。例えば、A動産が100万円、B動産が200万円が付合すれば、300万円の動産となります。持分はAが1/3、Bが2/3となります。

従って、記述は「相等しい割合でその合成物を共有する」となっていますから、妥当でないとなります。

 

3. × 妥当でない

【問題】

BがAの所持する材料に工作を加えて椅子を完成させた場合に、その椅子の所有権は、AとBとの取決めに関係なく、Aに帰属する。

【解説】

例えば、Aの椅子をBがきれいにペンキを塗ってやったら、その所有がBに移ることなんてあり得ませんね。ですから、通常であれば、椅子の所有権はAのままだと判断できると思います。ただ、AB間で、何らかの取決めをして、Bに所有させることについてまで、法が縛りをかけるのも変な話ですから、「AとBとの取決めに関係なく」とする記述は、妥当ではないとなります。

民法264条1項
他人の動産に工作を加えた者があるときは、その加工物の所有権は、材料の所有者に帰属する。ただし、工作によって生じた価格が材料の価格を著しく超えるときは、加工者がその加工物の所有権を取得する。

 

4. × 妥当でない

【問題】

Bの所有する動産がAの所有する不動産に従として付合した場合に、AとBは、AとBとの取決めに関係なく、Aの不動産の価格とBの動産の価格の割合に応じてその合成物を共有する。

【解説】

肢2では、動産同士の付合でしたが、この肢4は動産と不動産の付合を訊いています。

例えば、Aの所有する土地に、Bが自分の土地だとが信じていて木を植えたとしましょう。この場合は、木の所有権はAとなります。ですから、記述の場合も合成物は、不動産の所有者たるAの所有となるのです。

ただ、肢3と同様に、AB間で、何らかの取決めをして、Aの不動産の価格とBの動産の価格の割合に応じてその合成物を共有としたことについてまで、法が縛りをかけるのも変な話ですから、「AとBとの取決めに関係なく」とする記述は、妥当ではないとなります。

民法242条
不動産の所有者は、その不動産に従として付合した物の所有権を取得する。ただし、権原によってその物を附属させた他人の権利を妨げない。

 

5. 〇 正しい

【問題】

Aは、所有者のいない動産を所有の意思をもって占有を始めた場合に、その動産の所有権を取得する。

【解説】

記述の通りです。
不動産と動産では、違いがありますので、以下の条文は知っておいてください。

民法239条

  1. 所有者のない動産は、所有の意思をもって占有することによって、その所有権を取得する。
  2. 所有者のない不動産は、国庫に帰属する。

 

以上より、解答はでした。 

ご意見、ご質問などございましたら、コメント欄にお願いします。
ランキングに参加しています。
↓↓↓↓ポチッと応援よろしくお願いします。

にほんブログ村

行政書士 【民法】 過去問 一覧

行政書士 民法 過去問
H29 時効取得 H29 物権的請求権 H29 連帯債務 H29 遺言
H28 時効の援用権者 H28 無権代理 H28 共 有 H28 不動産の先取特権
H28 根抵当権 H28 債務不履行責任 H28 不法行為 H27 制限行為能力者
H27 相隣関係 H27 留置権 H27 代物弁済 H27 贈与
H26 意思表示 H26 共有 H25 取得時効 H25 契約解除
H25 賃貸借 H25 不法原因給付 H24 制限行為能力等 H24 通行地役権
H24 担保責任 H24 無償契約 H24 賃貸借 H24 相続
H23 意思表示 H23 時効 H23 法定地上権 H23 連帯債務,連帯保証
H23 契約解除 H23 事務管理 H23 請負契約 H22 意思表示
H22 時効中断 H22 共有物分割 H22 保証 H22 委任と事務処理の違い
H22 不当利得 H22 相続,失踪の宣告 H21 代理 H21 時効
H21 共有物分割 H21 催告 H21 連帯債務 H21 必要費,有益費
H21 不法行為 H20 通謀虚偽表示 H20 無権代理 H20 対抗関係
H20 土地の明渡請求 H20 抵当権 H20 連帯債務,共有 H20 相殺
H19 混合問題 H19 不動産賃貸の先取特権 H19 申込みと承諾 H19 相続
H18 制限行為能力者 H18 所有権の原始取得 H18 混合問題 H18 契約の履行
H18 履行期 H18 転貸借 H18 不法行為,使用者責任 H17 制限行為能力制度
H17 対抗関係 H17 贈与,遺贈 H17 遺留分減殺請求権 H16 不動産売買
H16 抵当権,一括競売 H16 委任 H15 代理 H15 混合問題
H15 相続

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください