宅建試験でも出るかも? 管理業務主任者 過去問 H30-5 民法(賃借権の譲渡・転貸) 問題と解説

管理業務主任者の民法過去問も解説して欲しいと言う
ご要望にお答えしまして、宅建でも出題がありそうな問題を中心に解説します。

難易度レベルは、ほぼ変わりありませんので、
ぜひ、挑戦して見てください。

管理業務主任者 過去問 H30-5 民法(賃借権の譲渡・転貸) 問題

AとBとの間で、Aが所有するマンションの1住戸甲(以下、本問において「甲」という。)についての賃貸借契約が締結され、AはBに甲を引き渡した。この場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、誤っているものはどれか。

  1. Bが、Aの承諾を得ないで、甲をCに転貸した場合であっても、Bの行為についてAに対する背信行為と認めるに足りない特段の事情があるときは、Aは、Bとの間の賃貸借契約を、無断転貸を理由として解除することができない。
  2. Bが、Aの承諾を得て、甲をCに転貸した場合、Bの債務不履行を理由としてAが賃貸借契約を解除したときは、Cの転借権も消滅する。
  3. Bが、Aの承諾を得て、甲をCに転貸した場合、Cは、Aに対して直接に義務を負う。
  4. Bが、Aの承諾を得て、甲の賃借権をCに譲渡した場合、BがAに交付した敷金に関する権利義務関係は、当然にCに承継される。



管理業務主任者 過去問 H30-5 民法(賃借権の譲渡・転貸) 解説

 

1. 〇 正しい

【問題】

AとBとの間で、Aが所有するマンションの1住戸甲についての賃貸借契約が締結され、AはBに甲を引き渡した。

Bが、Aの承諾を得ないで、甲をCに転貸した場合であっても、Bの行為についてAに対する背信行為と認めるに足りない特段の事情があるときは、Aは、Bとの間の賃貸借契約を、無断転貸を理由として解除することができない。

【解説】

民法612条

  1. 借人は、賃貸人の承諾を得なければ、その賃借権を譲り渡し、又は賃借物を転貸することができない。
  2. 賃借人が前項の規定に違反して第三者に賃借物の使用又は収益をさせたときは、賃貸人は、契約の解除をすることができる。

民法の条文では、上記のように無断転貸は、契約解除できるとなっていますが、最高裁が、背信的行為と認めるに足りない事情がある場合には、信頼関係が破壊されたとはいえないとして、契約解除を認めないとする判例を出しています。

背信的行為と認めるに足りない事情とは、例えば「離婚後の夫から妻へ」「親から子へ」と言った行為が考えられます。 よって問題文は、正しいとなります。

 

2. 〇 正しい

【問題】

AとBとの間で、Aが所有するマンションの1住戸甲についての賃貸借契約が締結され、AはBに甲を引き渡した。

Bが、Aの承諾を得て、甲をCに転貸した場合、Bの債務不履行を理由としてAが賃貸借契約を解除したときは、Cの転借権も消滅する。

【解説】

AB間の賃貸借が、合意により解除された場合は、当然には転貸借に及びません。
ただ、Bの債務不履行でAB間の賃貸借が解除された場合には、転借人も債務不履行だと判断されて、転貸借契約も解除されることになります。

これは、BのAに対する債務不履行は、CがBに対する債務不履行が原因だから連動すると考えれば、理解しやすいかと思います。

 

3. 〇 正しい

【問題】

AとBとの間で、Aが所有するマンションの1住戸甲についての賃貸借契約が締結され、AはBに甲を引き渡した。

Bが、Aの承諾を得て、甲をCに転貸した場合、Cは、Aに対して直接に義務を負う。

【解説】

記述の通りです。

民法612条
賃借人が適法に賃借物を転貸したときは、転借人は、賃貸人に対して直接に義務を負う。この場合においては、賃料の前払をもって賃貸人に対抗することができない。

 

4. × 誤り

【問題】

AとBとの間で、Aが所有するマンションの1住戸甲についての賃貸借契約が締結され、AはBに甲を引き渡した。

Bが、Aの承諾を得て、甲の賃借権をCに譲渡した場合、BがAに交付した敷金に関する権利義務関係は、当然にCに承継される。

【解説】

敷金と言うのは、AB間の賃貸借契約において賃料などの債務の担保にする目的で、賃借人Bが賃貸人Aに預けているお金です。

ですから、この敷金は本来Bのお金だということになります。
Bのお金ですから、担保の目的(賃貸借)が終われば、Bに返すべきお金だということになります。

従って、記述は賃借人Bの敷金が『当然』にCに承継されるとしているため、誤りとなります。

 

以上より、解答はでした。 

canvas1.png.pagespeed.ce.ouJW7wZHbj 宅建に合格しようと考えているのでしたら、賃借権の譲渡・転貸のテーマは必ず正解するようにしてください。

ランキングに参加しています。
当ブログへの応援クリックよろしくお願いします<(_ _)>
↓↓↓↓
にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ

管理業務主任者 関連過去問

民 法 建築基準法 借地借家法 宅建業法
H30-1(委任) H30-17(高さ制限) H30-42(建物賃貸借) H30-45(重要事項説明)
H30-2(解約手付) H28-17(建ぺい率,容積率) H29-44(定期建物賃貸借) H29-45(重要事項説明)
H30-3(債務不履行) H28-40(借家) H28-41(瑕疵担保責任)
H30-4(代理) H28-45(重説の説明事項)
H30-5(賃借権の譲渡・転貸)
H30-6(不法行為)
H29-1(共有)
H29-3(瑕疵ある意思表示)
H29-4(代理)
H29-5(連帯債務)
H29-6(委任)
H29-41(瑕疵担保責任)
H28-1(保佐人)
H28-2(意思表示,代理)
H28-3(消滅時効)
H28-4(共有)
H28-5(請負)
H28-6(共同相続)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください