宅建試験でも出るかも? 管理業務主任者 過去問 H30-42 借地借家法(建物賃貸借) 問題と解説

管理業務主任者の民法過去問も解説して欲しいと言う
ご要望にお答えしまして、宅建でも出題がありそうな問題を中心に解説します。

難易度レベルは、ほぼ変わりありませんので、
ぜひ、挑戦して見てください。

管理業務主任者 過去問 H30-42 借地借家法(建物賃貸借) 問題

区分所有者Aが、自己所有のマンションの専有部分甲(以下、本問において「甲」という。)をBに賃貸する場合に関する次の記述のうち、民法、借地借家法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。なお、AB間の賃貸借契約は、定期建物賃貸借契約ではないものとする。

  1. AB間において、一定期間、賃料を増額しない旨の特約がある場合には、経済事情の変動により、当該賃料が近傍同種の建物に比較して不相当になったときでも、Aは、当該特約に定める期間、増額請求をすることができない。
  2. AB間で賃貸借契約を締結し、Bが入居した後に、Aが甲を第三者Cに譲渡し、Cが移転登記をした場合でも、Cに賃貸人たる地位が移転した旨をAがBに通知しなければ、Cに賃貸人の地位は移転しない。
  3. AB間の賃貸借契約において、Aからの解約は6月の予告期間を置き、Bからの解約は1月の予告期間を置けば、正当の事由の有無を問わず中途解約できる旨の特約は有効である。
  4. AB間において、甲の使用目的を専らBの事務所として賃貸借する旨を賃貸借契約書に明示した場合は、借地借家法は適用されない。



管理業務主任者 過去問 H30-42 借地借家法(建物賃貸借) 解説

 

1. 〇 正しい

【問題】

区分所有者Aが、自己所有のマンションの専有部分甲をBに賃貸する場合。

AB間において、一定期間、賃料を増額しない旨の特約がある場合には、経済事情の変動により、当該賃料が近傍同種の建物に比較して不相当になったときでも、Aは、当該特約に定める期間、増額請求をすることができない。

【解説】

建物の賃料が、経済事情の変動等により、又は近傍同種の建物の賃料に比較して不相当となったときは、契約の条件にかかわらず、当事者は、将来に向かって建物の賃料の額の増減を請求することができます。

ただし、一定の期間建物の賃料を増額しない旨の特約がある場合には、その定めに従わなければいけません(借地借家法32条1項)。

 

2. × 誤り

【問題】

区分所有者Aが、自己所有のマンションの専有部分甲をBに賃貸する場合。

AB間で賃貸借契約を締結し、Bが入居した後に、Aが甲を第三者Cに譲渡し、Cが移転登記をした場合でも、Cに賃貸人たる地位が移転した旨をAがBに通知しなければ、Cに賃貸人の地位は移転しない。

【解説】

甲の所有権がAからCに移転すれば、同じく賃貸人の地位も移転します。
賃借人Bへの通知は不要です。

 

3. × 誤り

【問題】

区分所有者Aが、自己所有のマンションの専有部分甲をBに賃貸する場合。

AB間の賃貸借契約において、Aからの解約は6月の予告期間を置き、Bからの解約は1月の予告期間を置けば、正当の事由の有無を問わず中途解約できる旨の特約は有効である。

【解説】

借地借家法は、賃借人を守る法律です。
ですから、賃借人に不利な特約は無効になります。

これを踏まえてみてみると、賃貸人Aからの解約の予告期間は借地借家法27条規定の通り6ヶ月となっています(賃借人に不利でないから有効)。

次に、賃借人からの解約の予告期間は、借地借家法には規定がないため、民法617条の3ヶ月が採用されることになります。記述は、Bからの解約は1月の予告期間となっており、民法の規定に比べ賃借人に有利な特約ですから、これも有効です。

最後に、借地借家法27条には、賃貸人による解約の申入れは、正当の事由があると認められる場合でなければ、することができないとなっています。記述はこの正当の事由の有無を問わず中途解約できるとなっていますから、賃借人に不利な特約と判断でき、無効だとなります。

 

4. × 誤り

【問題】

区分所有者Aが、自己所有のマンションの専有部分甲をBに賃貸する場合。

AB間において、甲の使用目的を専らBの事務所として賃貸借する旨を賃貸借契約書に明示した場合は、借地借家法は適用されない。

【解説】

借地借家法は、建物の所有を目的とする地上権及び土地の賃借権の存続期間、効力等並びに建物の賃貸借の契約の更新、効力等に関し特別の定めをするとともに、借地条件の変更等の裁判手続に関し必要な事項を定めるものとするとなっています。

どこにも居住用に限る等の用途について適用しない旨の規定はされておりませんので、建物の賃貸借に関しては、用途に関係なく借地借家法は適用されます。

 

1
以上より、解答はでした。 

canvas1.png.pagespeed.ce.ouJW7wZHbj 借地借家法の基本的な問題ばかりで、簡単だったと思います。

ランキングに参加しています。
当ブログへの応援クリックよろしくお願いします<(_ _)>
↓↓↓↓
にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ

管理業務主任者 関連過去問

民 法 建築基準法 借地借家法 宅建業法
H30-1(委任) H30-17(高さ制限) H30-42(建物賃貸借) H30-45(重要事項説明)
H30-2(解約手付) H28-17(建ぺい率,容積率) H29-44(定期建物賃貸借) H29-45(重要事項説明)
H30-3(債務不履行) H28-40(借家) H28-41(瑕疵担保責任)
H30-4(代理) H28-45(重説の説明事項)
H30-5(賃借権の譲渡・転貸)
H30-6(不法行為)
H29-1(共有)
H29-3(瑕疵ある意思表示)
H29-4(代理)
H29-5(連帯債務)
H29-6(委任)
H29-41(瑕疵担保責任)
H28-1(保佐人)
H28-2(意思表示,代理)
H28-3(消滅時効)
H28-4(共有)
H28-5(請負)
H28-6(共同相続)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください