宅建試験でも出るかも? 管理業務主任者 過去問 H30-17 建築基準法(高さの制限) 問題と解説

管理業務主任者の過去問で、宅建でも出題がありそうな問題を解説します。

難易度レベルは、ほぼ変わりありませんので、
ぜひ、挑戦して見てください。

管理業務主任者 過去問 H30-17 建築基準法(高さの制限) 問題

建築基準法による「日影による中高層の建築物の高さの制限」(以下、本問において「日影規制」という。)に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 日影規制の対象区域とは、同法別表第4に掲げる地域又は区域の全部又は一部で、地方公共団体の条例で指定する区域をいう。
  2. 日影規制の対象となる用途地域には、中高層住居専用地域は含まれるが、近隣商業地域、準工業地域は含まれない。
  3. 同法によれば、日影は、冬至日の日本標準時による午前8時から午後5時までの間において、平均地盤面に生ずるもので判断する。
  4. 建築物が日影規制の対象区域外にあれば、高さが10mを超える建築物でも日影規制は適用されない。



管理業務主任者 過去問 H28-17 建築基準法(高さの制限) 解説

 

1. 〇 正しい

【問題】

日影規制の対象区域とは、同法別表第4に掲げる地域又は区域の全部又は一部で、地方公共団体の条例で指定する区域をいう。

【解説】

記述の通りです(建築基準法56条の2第1項)。

 

2. × 誤り

【問題】

日影規制の対象となる用途地域には、中高層住居専用地域は含まれるが、近隣商業地域、準工業地域は含まれない。

【解説】

日影規制の対象となる用途地域には、中高層住居専用地域、近隣商業地域、準工業地域も含まれます(建築基準法別表第4)。

 

3. × 誤り

【問題】

同法によれば、日影は、冬至日の日本標準時による午前8時から午後5時までの間において、平均地盤面に生ずるもので判断する。

【解説】

建築基準法56条の2第1項によれば、日影は、冬至日の真太陽時による午前8時から午後4時まで(道の区域内にあつては、午前9時から午後3時まで)の間において、平均地盤面に生ずるもので判断されています。

 

4. × 誤り

【問題】

建築物が日影規制の対象区域外にあれば、高さが10mを超える建築物でも日影規制は適用されない。

【解説】

対象区域外にある高さが10mを超える建築物で、冬至日において、対象区域内の土地に日影を生じさせるものは、当該対象区域内にある建築物とみなして、日影規制が適用されます。(建築基準法56条の2第4項)。

 

1
以上より、解答はでした。 

canvas1.png.pagespeed.ce.ouJW7wZHbj 肢3はマニアックな問題でしたが、その他の肢は、高さ制限でよく出題されているテーマですから正解は出せたと思います。

ランキングに参加しています。
当ブログへの応援クリックよろしくお願いします<(_ _)>
↓↓↓↓
にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ

管理業務主任者 関連過去問

民 法 建築基準法 借地借家法 宅建業法
H30-1(委任) H30-17(高さ制限) H30-42(建物賃貸借) H30-45(重要事項説明)
H30-2(解約手付) H28-17(建ぺい率,容積率) H29-44(定期建物賃貸借) H29-45(重要事項説明)
H30-3(債務不履行) H28-40(借家) H28-41(瑕疵担保責任)
H30-4(代理) H28-45(重説の説明事項)
H30-5(賃借権の譲渡・転貸)
H30-6(不法行為)
H29-1(共有)
H29-3(瑕疵ある意思表示)
H29-4(代理)
H29-5(連帯債務)
H29-6(委任)
H29-41(瑕疵担保責任)
H28-1(保佐人)
H28-2(意思表示,代理)
H28-3(消滅時効)
H28-4(共有)
H28-5(請負)
H28-6(共同相続)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください