宅建試験でも出るかも? 管理業務主任者 過去問 H28-45 宅建業法(重説の説明事項) 問題と解説

管理業務主任者の過去問で、宅建でも出題がありそうな問題を解説します。

難易度レベルは、ほぼ変わりありませんので、
ぜひ、挑戦して見てください。

管理業務主任者 過去問 H28-45 宅建業法(重説の説明事項) 問題

マンションの一住戸の売買の際に、宅地建物取引業者が、宅地建物取引業法第35条の規定に基づく重要事項の説明を行う場合において、説明しなければならない事項として定められていないものは、次のうちどれか。

  1. 中古マンションの売買の媒介において、当該マンションの維持修繕の実施状況が記録されている場合は、その内容  
  2. 新築マンションの売買において、当該マンションの瑕疵を担保すべき責任の履行に関し保証保険契約の締結措置を講じる場合は、その概要  
  3. 新築マンションの売買においては、所有権の保存登記の申請の時期、中古マンションの売買の媒介においては、所有権の移転登記の申請の時期  
  4. 中古マンションの売買の媒介において、当該マンションについて、石綿の使用がない旨の調査結果が記録されているときは、その内容  



管理業務主任者 過去問 H28-45 宅建業法(重説の説明事項) 解説

 


重説は、お客さんがその物件に決めようかどうしようかと言う時に行う、商品説明だと考えてください。ですから、あなたがお客さんの立場に立って、記述の説明が必要かどうか、その物件に決める重要な要素となり得ると判断すれば、それは重説の説明事項だとなります。

 

1. 説明事項

【問題】

中古マンションの売買の媒介において、当該マンションの維持修繕の実施状況が記録されている場合は、その内容

【解説】

マンションの維持修繕の実施状況を聞くことで、マンションの管理がきちんとされているかがわかりますから、買主にとっては、その物件に決める重要な要素となり得ると判断できます。

 

2. 説明事項

【問題】

新築マンションの売買において、当該マンションの瑕疵を担保すべき責任の履行に関し保証保険契約の締結措置を講じる場合は、その概要

【解説】

マンションの保証等の話は、買主にとって、その物件に決める重要な要素となるはずですから、重説の説明事項です。

 

3. 説明事項ではない

【問題】

新築マンションの売買においては、所有権の保存登記の申請の時期、中古マンションの売買の媒介においては、所有権の移転登記の申請の時期

【解説】

重説の段階においては、お客さんは、買おうかどうしようか迷っている時です。
そんなお客さんに対して、所有権の保存登記の申請の時期や所有権の移転登記の申請の時期の話をしても、何の意味があるでしょうか?

登記の申請の時期の話は、その物件を買主が買うと決めた後に、37条書面(契約書)に記載します。

 

4. 説明事項

【問題】

中古マンションの売買の媒介において、当該マンションについて、石綿の使用がない旨の調査結果が記録されているときは、その内容

【解説】

石綿については、健康被害が発生する可能性がありますので、今から買おうとしているマンションに、石綿が使われてるのかどうなのかは、その物件に決める重要な要素となるはずですから、重説の説明事項となります。

 

以上より、解答はでした。 

宅建の受験者でしたら、この問題を間違えるわけにはいきませんね。

ご意見、ご質問などございましたら、コメント欄にお願いします。
ランキングに参加しています。
↓↓↓↓ポチッと応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ

管理業務主任者 関連過去問

民 法 建築基準法 借地借家法 宅建業法
H30-1(委任) H30-17(高さ制限) H30-42(建物賃貸借) H30-45(重要事項説明)
H30-2(解約手付) H28-17(建ぺい率,容積率) H29-44(定期建物賃貸借) H29-45(重要事項説明)
H30-3(債務不履行) H28-40(借家) H28-41(瑕疵担保責任)
H30-4(代理) H28-45(重説の説明事項)
H30-5(賃借権の譲渡・転貸)
H30-6(不法行為)
H29-1(共有)
H29-3(瑕疵ある意思表示)
H29-4(代理)
H29-5(連帯債務)
H29-6(委任)
H29-41(瑕疵担保責任)
H28-1(保佐人)
H28-2(意思表示,代理)
H28-3(消滅時効)
H28-4(共有)
H28-5(請負)
H28-6(共同相続)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください