宅建過去問【2019年】 令和元年 問49 土地について 問題と解説

令和元年度宅建士試験解説一覧

宅建過去問 R元年 問49 土地について 問題

土地に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

  1. 台地、段丘は、農地として利用され、また都市的な土地利用も多く、地盤も安定している。
  2. 台地を刻む谷や台地上の池沼を埋め立てた所では、地盤の液状化が発生し得る。
  3. 台地、段丘は、水はけも良く、宅地として積極的に利用されているが、自然災害に対して安全度の低い所である。
  4. 旧河道や低湿地、海浜の埋立地では、地震による地盤の液状化対策が必要である。



宅建過去問 R元年 問49 土地について 解説

 

1. 〇 適当

【問題】

台地、段丘は、農地として利用され、また都市的な土地利用も多く、地盤も安定している。

【解説】

解説するまでもないと思います。
過去問でも何度の出題があります。

記述の通りです。

 

2. 〇 適当

【問題】

台地を刻む谷や台地上の池沼を埋め立てた所では、地盤の液状化が発生し得る。

【解説】

池沼、河川等を埋め立てた所では、地盤の液状化が発生し得ます。

 

3. × 不適当

【問題】

台地、段丘は、水はけも良く、宅地として積極的に利用されているが、自然災害に対して安全度の低い所である。

【解説】

自然災害に対して安全度の低い所であれば、宅地として積極的に利用されるはずがありません。

内容が矛盾しているため、誤りだと即判断できます。

 

4. 〇 適当

【問題】

旧河道や低湿地、海浜の埋立地では、地震による地盤の液状化対策が必要である。

【解説】

記述の通りです。

東日本大震災の時に、旧河道や低湿地、海浜の埋立地では、地震による地盤の液状化が多数見られました。

 

以上より、解答はでした。 
土地について関連過去問    
令和元年 問49 平成30年 問49 平成29年 問49 平成28年 問49
平成27年 問49 平成26年 問49 平成25年 問49 平成24年 問49
平成23年 問49 平成22年 問49 平成21年 問49 平成20年 問49
平成19年 問49 平成18年 問50 平成17年 問50 平成16年 問50

canvas1.png.pagespeed.ce.ouJW7wZHbj サービス問題です。

ランキングに参加しています。
当ブログへの応援クリックよろしくお願いします<(_ _)>
↓↓↓↓
にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ

ご意見、ご質問などございましたら、下のコメント欄にお願いします。

令和元年(2019年)宅建試験 正解一覧

科目 解答 難易度 重要度
№1 民法(対抗関係)
№2 民法(意思表示)
№3 民法(瑕疵担保責任)
№4 民法(不法行為) 普通
№5 民法(無権代理)
№6 民法(遺産分割)
№7 民法(弁済・同時履行) 普通
№8 民法(請負) 普通
№9 民法(時効の中断)
№10 民法(抵当権の処分) 普通
№11 借地借家法(借地)
№12 借地借家法(借家)
№13 区分所有法
№14 不動産登記法 普通
№15 都市計画法(地域地区)
№16 都市計画法(開発許可)
№17 建築基準法
№18 建築基準法
№19 宅地造成等規制法 普通
№20 土地区画整理法 普通
№21 農地法
№22 国土利用計画法(事後届出)
№23 譲渡所得 普通
№24 固定資産税
№25 地価公示法
№26 宅建業法(無免許事業)
№27 宅建業法(業務に関する禁止事項)
№28 宅建業法(重説)
№29 宅建業法(監督処分)
№30 宅建業法(公告規制)
№31 宅建業法(媒介契約) 普通
№32 宅建業法(報酬)
№33 宅建業法(保証協会)
№34 宅建業法(37条書面)
№35 宅建業法(業務に関する禁止事項)
№36 宅建業法(37条書面)
№37 宅建業法(手付金等の保全措置)
№38 宅建業法(クーリング・オフ)
№39 宅建業法(重説の説明事項)
№40 宅建業法(案内所等)
№41 宅建業法(重説の説明事項)
№42 宅建業法(業法上の宅地)
№43 宅建業法(免許欠格事由)
№44 宅建業法(宅建士)
№45 住宅瑕疵担保履行法
№46 住宅支援機構法
№47 景品表示法 普通
№48 統 計
№49 土地について
№50 建物について

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください