宅建過去問【2018年】 平成30年 問24 不動産取得税 問題と解説

平成30年度宅建士試験解説一覧

宅建過去問 H30年 問24 不動産取得税 問題

不動産取得税に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 不動産取得税は、不動産の取得があった日の翌日から起算して3月以内に当該不動産が所在する都道府県に申告納付しなければならない。
  2. 不動産取得税は不動産の取得に対して課される税であるので、家屋を改築したことにより当該家屋の価格が増加したとしても、新たな不動産の取得とはみなされないため、不動産取得税は課されない。
  3. 相続による不動産の取得については、不動産取得税は課されない。
  4. 一定の面積に満たない土地の取得については、不動産取得税は課されない。



宅建過去問 H30年 問24 不動産取得税 解説

 

1. × 誤り

【問題】

不動産取得税は、不動産の取得があった日の翌日から起算して3月以内に当該不動産が所在する都道府県に申告納付しなければならない。

【解説】

不動産取得税の徴収については、普通徴収の方法によらなければならないとなっています(地方税法73条の17第1項)ので、記述は誤りとなります。

なお、普通徴収と言うのは、税額や納期、納付場所などを記載した納税通知書を納税者に交付することによって税金を徴収することを言っています。

 

2. × 誤り

【問題】

不動産取得税は不動産の取得に対して課される税であるので、家屋を改築したことにより当該家屋の価格が増加したとしても、新たな不動産の取得とはみなされないため、不動産取得税は課されない。

【解説】

家屋を改築したことにより当該家屋の価格が増加した場合、その増加した価格を不動産取得税の課税標準として、不動産取得税が課されます(地方税法73条の2第3項)。

 

3. 〇 正しい

【問題】

相続による不動産の取得については、不動産取得税は課されない。

【解説】

不動産取得税は、贈与や交換・売買などといった実質的な所有権の移動に課税されるものですので、相続や法人の合併といった形式的に所有権が移動するような場合には、不動産取得税は課税されません(地方税法73条の7第1号)。

 

4. × 誤り

【問題】

一定の面積に満たない土地の取得については、不動産取得税は課されない。

【解説】

記述のような規定はありません。

不動産取得税の免税点は、取得した不動産の価格(課税標準額)が次の額に満たないときは、不動産取得税はかかりません(地方税法73条の15の2第1項)。

  • 土地を取得したとき ⇒ 10万円
  • 家屋を建築(新築・増築・改築)により取得したとき ⇒ 23万円
  • 家屋を売買・贈与・交換などにより取得したとき ⇒ 12万円

 

以上より、解答はでした。 
関連過去問      
平成30年 問24 平成28年 問24 平成26年 問24 平成24年 問24
平成22年 問24 平成19年 問28 平成18年 問28 平成16年 問26
平成13年 問27 平成12年 問28 平成10年 問28 平成8年 問30
平成3年 問30 平成2年 問31

canvas1.png.pagespeed.ce.ouJW7wZHbj 不動産取得税では定番と言っていい問題ばかりで、楽に正解できたと思います。

ランキングに参加しています。
当ブログへの応援クリックよろしくお願いします<(_ _)>
↓↓↓↓
にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ

ご意見、ご質問などございましたら、下のコメント欄にお願いします。

平成30年(2018年)宅建試験 正解一覧

科目 解答 難易度 重要度
№1 民法(意思表示)
№2 民法(代理) 普通
№3 民法(停止条件) 普通
№4 民法(時効の援用)
№5 民法(事務管理)
№6 民法(法定地上権)
№7 民法(債権譲渡禁止特約) 普通
№8 民法(賃借物件の原状回復義務)
№9 民法(相殺) 普通
№10 民法(相続)
№11 借地借家法(借地)
№12 借地借家法(借家)
№13 区分所有法
№14 不動産登記法
№15 国土利用計画法
№16 都市計画法
№17 都市計画法(開発許可)
№18 建築基準法 普通
№19 建築基準法 普通
№20 宅地造成等規制法
№21 土地区画整理法 普通
№22 農地法
№23 登録免許税 普通
№24 不動産取得税
№25 不動産鑑定評価基準 普通
№26 宅建業法(広告規制) 普通
№27 宅建業法(建物状況調査) 普通
№28 宅建業法(業者間取引)
№29 宅建業法(8つの制限)
№30 宅建業法(賃貸の報酬規程)
№31 宅建業法(低廉な空家等の報酬の特例)
№32 宅建業法(宅地建物取引士) 普通
№33 宅建業法(媒介契約) 4
№34 宅建業法(37条書面 記載事項)
№35 宅建業法(重要事項説明) 普通
№36 宅建業法(免許)
№37 宅建業法(クーリング・オフ)
№38 宅建業法(手付金等の保全措置)
№39 宅建業法(重要事項説明)
№40 宅建業法(業務上の規制)
№41 宅建業法(免許の要否)
№42 宅建業法(宅地建物取引士)
№43 宅建業法(営業保証金)
№44 宅建業法(保証協会) 普通
№45 住宅瑕疵担保履行法
№46 住宅金融支援機構法
№47 景品表示法
№48 統 計
№49 土地の知識
№50 建物の知識

2件のコメント

  • 柴田麻里

    平成30年宅建試験を受験した者です。
    何回か受験してますが、落ちてます。今回、こちらのブログ解説がわかりやすく、過去5年間の過去問を3回まわして受験しました。本試験では自己採点37点でした。通勤途中に携帯で問題解いたり出来るので、おススメです。ホントにありがとうごさいました。

    • ありがとうございます。

      ブログを作ってよかったです。
      合格していますよーに^^

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください