宅建過去問【2018年】 平成30年 問18 建築基準法 問題と解説

平成30年度宅建士試験解説一覧

宅建過去問 H30年 問18 建築基準法 問題

建築基準法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 建築物の高さ31m以下の部分にある全ての階には、非常用の進入口を設けなければならない。
  2. 防火地域内にある3階建ての木造の建築物を増築する場合、その増築に係る部分の床面積の合計が10㎡以内であれば、その工事が完了した際に、建築主事又は指定確認検査機関の完了検査を受ける必要はない。
  3. 4階建ての事務所の用途に供する建築物の2階以上の階にあるバルコニーその他これに類するものの周囲には、安全上必要な高さが1.1m以上の手すり壁、さく又は金網を設けなければならない。
  4. 建築基準法の改正により、現に存する建築物が改正後の規定に適合しなくなった場合、当該建築物の所有者又は管理者は速やかに当該建築物を改正後の建築基準法の規定に適合させなければならない。



宅建過去問 H30年 問18 建築基準法 解説

 

1. × 誤り

【問題】

建築物の高さ31m以下の部分にある全ての階には、非常用の進入口を設けなければならない。

【解説】

建築物の高さ31m以下の部分にある3階以上の階には、非常用の進入口を設けなければいけません(建築基準法施行令126条の6第1項)。

記述は、『全ての階』となっているため、誤りです。

 

2. ×誤り

【問題】

防火地域内にある3階建ての木造の建築物を増築する場合、その増築に係る部分の床面積の合計が10㎡以内であれば、その工事が完了した際に、建築主事又は指定確認検査機関の完了検査を受ける必要はない。

【解説】

防火地域及び準防火地域において建築物を増築し、改築し、又は移転しようとする場合で、その増築、改築又は移転に係る部分の床面積の合計が10㎡以内であるときについては、建築確認は不要です(建築基準法6条2項)。

記述は、『防火地域内にある』となっているため、床面積の規模にかかわらず、建築確認は必要となります。

 

3. 〇 正しい

【問題】

4階建ての事務所の用途に供する建築物の2階以上の階にあるバルコニーその他これに類するものの周囲には、安全上必要な高さが1.1m以上の手すり壁、さく又は金網を設けなければならない。

【解説】

平成25年のブーイングが起こった問題を思い出されます。

2階以上の階にある(1階には設置義務がない)バルコニーその他これに類するものの周囲には、安全上必要な高さが1.1m以上の手すり壁等を設けなくてはいけません。

建築基準法施行令126条1項
屋上広場又は二階以上の階にあるバルコニーその他これに類するものの周囲には、安全上必要な高さが一・一メートル以上の手すり壁、さく又は金網を設けなければならない。

 

4. × 誤り

【問題】

建築基準法の改正により、現に存する建築物が改正後の規定に適合しなくなった場合、当該建築物の所有者又は管理者は速やかに当該建築物を改正後の建築基準法の規定に適合させなければならない。

【解説】

建築基準法又はこれに基づく命令若しくは条例の規定の施行又は適用の際現に存する建築物若しくはその敷地又は現に建築、修繕若しくは模様替の工事中の建築物若しくはその敷地がこれらの規定に適合せず、又はこれらの規定に適合しない部分を有する場合においては、当該建築物、建築物の敷地又は建築物若しくはその敷地の部分に対しては、当該規定は、適用しません(建築基準法3条2項)。

このような建築物を「既存不適格建築物」と言っています。

従って、記述は「改正後の建築基準法の規定に適合させなければならない」としていますから、誤りとなります。

 

以上より、解答はでした。 
関連過去問      
平成30年 問18 平成30年 問19 平成29年 問19 平成29年 問18
平成28年 問18 平成28年 問19 平成27年 問18 平成26年 問18
平成26年 問17 平成25年 問17 平成25年 問18 平成24年 問18
平成21年 問19 平成18年 問22 平成16年 問20 平成15年 問21

canvas1.png.pagespeed.ce.ouJW7wZHbj 正解肢3のバルコニーの問題は、わたしとしては25年の印象があって覚えていましたが、細かい知識ですので、今年の受験生の皆様はどうだったでしょうか?

ランキングに参加しています。
当ブログへの応援クリックよろしくお願いします<(_ _)>
↓↓↓↓
にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ

ご意見、ご質問などございましたら、下のコメント欄にお願いします。

平成30年(2018年)宅建試験 正解一覧

科目 解答 難易度 重要度
№1 民法(意思表示) [icon image="star5-4"]
№2 民法(代理) 普通 [icon image="star5-4"]
№3 民法(停止条件) 普通 [icon image="star5-3"]
№4 民法(時効の援用) [icon image="star5-2"]
№5 民法(事務管理) [icon image="star5-1"]
№6 民法(法定地上権) [icon image="star5-2"]
№7 民法(債権譲渡禁止特約) 普通 [icon image="star5-4"]
№8 民法(賃借物件の原状回復義務) [icon image="star5-3"]
№9 民法(相殺) 普通 [icon image="star5-3"]
№10 民法(相続) [icon image="star5-5"]
№11 借地借家法(借地) [icon image="star5-5"]
№12 借地借家法(借家) [icon image="star5-5"]
№13 区分所有法 [icon image="star5-4"]
№14 不動産登記法 [icon image="star5-4"]
№15 国土利用計画法 [icon image="star5-5"]
№16 都市計画法 [icon image="star5-5"]
№17 都市計画法(開発許可) [icon image="star5-5"]
№18 建築基準法 普通 [icon image="star5-4"]
№19 建築基準法 普通 [icon image="star5-4"]
№20 宅地造成等規制法 [icon image="star5-5"]
№21 土地区画整理法 普通 [icon image="star5-4"]
№22 農地法 [icon image="star5-5"]
№23 登録免許税 普通 [icon image="star5-4"]
№24 不動産取得税 [icon image="star5-4"]
№25 不動産鑑定評価基準 普通 [icon image="star5-4"]
№26 宅建業法(広告規制) 普通 [icon image="star5-4"]
№27 宅建業法(建物状況調査) 普通 [icon image="star5-5"]
№28 宅建業法(業者間取引) [icon image="star5-5"]
№29 宅建業法(8つの制限) [icon image="star5-5"]
№30 宅建業法(賃貸の報酬規程) [icon image="star5-5"]
№31 宅建業法(低廉な空家等の報酬の特例) [icon image="star5-4"]
№32 宅建業法(宅地建物取引士) 普通 [icon image="star5-4"]
№33 宅建業法(媒介契約) 4 [icon image="star5-5"]
№34 宅建業法(37条書面 記載事項) [icon image="star5-5"]
№35 宅建業法(重要事項説明) 普通 [icon image="star5-5"]
№36 宅建業法(免許) [icon image="star5-5"]
№37 宅建業法(クーリング・オフ) [icon image="star5-5"]
№38 宅建業法(手付金等の保全措置) [icon image="star5-5"]
№39 宅建業法(重要事項説明) [icon image="star5-5"]
№40 宅建業法(業務上の規制) [icon image="star5-5"]
№41 宅建業法(免許の要否) [icon image="star5-5"]
№42 宅建業法(宅地建物取引士) [icon image="star5-5"]
№43 宅建業法(営業保証金) [icon image="star5-5"]
№44 宅建業法(保証協会) 普通 [icon image="star5-5"]
№45 住宅瑕疵担保履行法 [icon image="star5-5"]
№46 住宅金融支援機構法 [icon image="star5-3"]
№47 景品表示法 [icon image="star5-5"]
№48 統 計 [icon image="star5-5"]
№49 土地の知識 [icon image="star5-5"]
№50 建物の知識 [icon image="star5-5"]

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください