宅建過去問【1991】 平成3年 問46 宅建業法(クーリング・オフ) 問題と解説

宅建過去問 H3年 問46 宅建業法(クーリング・オフ) 問題

宅地建物取引業法第37条の2に規定する事務所等以外の場所においてした買受けの申込みの撤回等に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 売買契約が、売主である宅地建物取引業者の事務所以外の場所で継続的に業務を行うことができる施設を有するものにおいて締結された場合、専任の宅地建物取引士がそのとき不在であっても、買主は、当該売買契約を解除することができない。
  2. 売買契約が、売主である宅地建物取引業者が行う一団の建物の分譲のためのモデルルームで締結された場合、当該モデルルームについて宅地建物取引業法第50条第2項の届出がされていないときでも、買主は、当該売買契約を解除することができない。
  3. 買受けの申込みが、売主である宅地建物取引業者が行う一団の宅地の分譲のためのテント張りの案内所で行われ、売買契約が、その2日後に当該宅地建物取引業者の事務所で締結された場合、買主は、当該申込みの撤回等をすることができない。
  4. 買受けの申込みが、売主である宅地建物取引業者から媒介の依頼を受けた他の宅地建物取引業者の事務所で行われた場合、買主は、当該申込みの撤回をすることができない。



宅建過去問 H3年 問46 宅建業法(クーリング・オフ) 解説

 

1. 〇 正しい

【問題】

売買契約が、売主である宅地建物取引業者の事務所以外の場所で継続的に業務を行うことができる施設を有するものにおいて締結された場合、専任の宅地建物取引士がそのとき不在であっても、買主は、当該売買契約を解除することができない。

【解説】

宅建業者の事務所以外の場所で継続的に業務を行うことができる施設は、宅建業者の事務所等に該当するため、その場所で契約を締結をしている以上、クーリング・オフをすることはできません。

また、契約時に専任の宅建士がいてもいなくても、クーリング・オフできないことに変わりはありません。

 

2. 〇 正しい

【問題】

売買契約が、売主である宅地建物取引業者が行う一団の建物の分譲のためのモデルルームで締結された場合、当該モデルルームについて宅地建物取引業法第50条第2項の届出がされていないときでも、買主は、当該売買契約を解除することができない。

【解説】

宅建業者が一団の宅地建物の分譲を案内所(土地に定着する建物内に設けられるものに限る。)を設置して行う場合、その案内所には、専任の宅建士を置くべき場所とされています。

この専任の宅建士を置くべき案内所は、事務所等に該当するため、この場所での契約締結は、クーリング・オフができません。

記述のモデルルームは、土地に定着する建物だと一般的に考えられますので、事務所等に該当することになり、買主はクーリング・オフはできないとなります。

なお、通達で、業法50条2項の届出の有無によって、クーリング・オフができたりできなかったりするものではなく、その場所が専任の宅建士を置くべき場所かどうかで決っするとしています。

 

3. × 誤り

【問題】

買受けの申込みが、売主である宅地建物取引業者が行う一団の宅地の分譲のためのテント張りの案内所で行われ、売買契約が、その2日後に当該宅地建物取引業者の事務所で締結された場合、買主は、当該申込みの撤回等をすることができない。

【解説】

肢1と肢2の問題では、売買の契約しか出てこなかったため、契約の締結場所が事務所等にあたるのかどうかだけで判断しましたが、この問題のように、買受けの申込みと契約締結場所が出てきた場合は、買受けの申込み場所が宅建業者の事務所等にあたるのかどうかを見てください。契約締結場所については無視で構いません。

これを踏まえて記述を見ると、買受けの申込み場所は、テント張りの案内所となっています。肢2で解説しましたが、案内所の場合、事務所等に該当するのは、土地に定着した建物である必要があります。テント張りの案内所は土地に定着するものではありませんので、事務所等には該当せず、クーリング・オフはできるとなります。

なお、クーリング・オフができる期間ですが、買受けの申込みをした者が、申込みの撤回等を行うことができる旨及びその申込みの撤回等を行う場合の方法について告げられた日から起算して8日以内となっています。

 

4. 〇 正しい

【問題】

買受けの申込みが、売主である宅地建物取引業者から媒介の依頼を受けた他の宅地建物取引業者の事務所で行われた場合、買主は、当該申込みの撤回をすることができない。

【解説】

売主の宅建業者から媒介や代理を受けていない宅建業者の事務所等で買受けの申込みをしたのでしたら、クーリング・オフはできますが、売主の宅建業者から媒介の依頼を受けた宅建業者の事務所等で買受けの申込みをした場合は、その事務所は売主の宅建業者の事務所等に該当することになり、クーリング・オフはできないとなります。

 

以上より、解答はでした。 
関連過去問      
平成30年 問37 平成28年 問44 平成26年 問38 平成25年 問34
平成24年 問37 平成23年 問35 平成22年 問38 平成20年 問39
平成17年 問41 平成15年 問39 平成14年 問45 平成13年 問44
平成12年 問41 平成6年 問42 平成5年 問41 平成4年 問45

肢2は通達内容が含まれていましたので難しかったと思います。

ご意見、ご質問などございましたら、コメント欄にお願いします。
ランキングに参加しています。
↓↓↓↓ポチッと応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ

平成3年(1991年)宅建試験 正解一覧

科目 解答 難易度 重要度
№2 民法(強迫) 普通 [icon image="star5-4"]
№3 民法(代理) [icon image="star5-5"]
№4 民法(対抗関係) [icon image="star5-4"]
№5 民法(共有) [icon image="star5-5"]
№6 民法(連帯債務) [icon image="star5-5"]
№7 民法(担保物権) 普通 [icon image="star5-3"]
№8 民法(買戻し) [icon image="star5-1"]
№9 民法(弁済) 普通 [icon image="star5-2"]
№10 民法(贈与) [icon image="star5-3"]
№11 民法(売主の担保責任) [icon image="star5-5"]
№12 借地借家法(借地) 普通 [icon image="star5-5"]
№13 借地借家法(借家) [icon image="star5-5"]
№15 不動産登記法 [icon image="star5-5"]
№16 不動産登記法 [icon image="star5-5"]
№18 都市計画法 普通 [icon image="star5-4"]
№19 都市計画法 普通 [icon image="star5-4"]
№20 都市計画法(開発許可) [icon image="star5-5"]
№21 建築基準法(建築確認) [icon image="star5-5"]
№23 建築基準法(建ぺい率,容積率) [icon image="star5-3"]
№24 建築基準法(第二種中高層住居専用地域内) 普通 [icon image="star5-4"]
№25 宅地造成等規制法 [icon image="star5-4"]
№26 土地区画整理法 普通 [icon image="star5-4"]
№27 農地法 [icon image="star5-4"]
№28 登録免許税 [icon image="star5-3"]
№30 地方税 [icon image="star5-3"]
№32 景品表示法 [icon image="star5-4"]
№34 地価公示法 [icon image="star5-4"]
№35 宅建業法(宅建士) [icon image="star5-5"]
№36 宅建業法(変更の登録他) [icon image="star5-5"]
№37 宅建業法(免許) [icon image="star5-5"]
№38 宅建業法(届出) [icon image="star5-5"]
№39 宅建業法(免許基準) [icon image="star5-5"]
№40 宅建業法(宅建士証) [icon image="star5-5"]
№41 宅建業法(報酬) 普通 [icon image="star5-5"]
№42 宅建業法(他人物売買) 普通 [icon image="star5-3"]
№43 宅建業法(保証協会) [icon image="star5-5"]
№44 宅建業法(媒介契約) [icon image="star5-5"]
№45 宅建業法(重説の説明事項) [icon image="star5-5"]
№46 宅建業法(クーリング・オフ) [icon image="star5-5"]
№47 宅建業法(取引態様の明示) 普通 [icon image="star5-5"]
№48 宅建業法(保証協会) [icon image="star5-5"]
№49 宅建業法(手付金等保全措置) [icon image="star5-5"]
№50 宅建業法(宅建士への監督処分) 普通 [icon image="star5-4"]

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください