宅建過去問【1991】 平成3年 問13 借地借家法(借家) 問題と解説

宅建過去問 H3年 問13 借地借家法(借家) 問題

AがBからBの所有する建物を賃借している場合に関する次の記述のうち、民法及び借家法の規定によれば、誤っているものはどれか。

  1. 賃貸借契約の締結に関する費用は、ABが平等な割合で負担する。
  2. Aは、Bの負担すべき必要費を支出したときは、直ちに、Bに対しその償還を請求することができる。
  3. Aは、有益費を支出したときは、賃貸借終了の際、その価格の増加が現存する場合に限り、自らの選択によりその費した金額又は増加額の償還を請求することができる。
  4. Aは、Bの同意を得て建物に造作を付加したときは、賃貸借終了の際、Bに対し時価でその造作を買い取るべきことを請求することができる。



宅建過去問 H3年 問13 借地借家法(借家) 解説

 

1. 〇 正しい

【問題】

AがBからBの所有する建物を賃借している場合

賃貸借契約の締結に関する費用は、ABが平等な割合で負担する。

【解説】

売買契約に代表される有償契約については、一定の場合を除いて、契約に関する費用は、当事者双方が等しい割合で負担すると民法で規定されています。

従って、賃貸借契約ももちろん有償契約ですから、契約に関する費用は、ABが平等な割合で負担するとなります。

なお、弁済の費用は、原則、債務者の負担となっていますから、混同しないようにご注意ください。

 

2. 〇 正しい

【問題】

AがBからBの所有する建物を賃借している場合

Aは、Bの負担すべき必要費を支出したときは、直ちに、Bに対しその償還を請求することができる。

【解説】

必要費と言うのは、雨漏りの修理をした費用などを言い、本来は貸主が負担しなくてはいけない費用のことですから、それを借主が払ったとなれば、直ちに貸主へ請求できるはずだと判断できます。

民法608条1項
賃借人は、賃借物について賃貸人の負担に属する必要費を支出したときは、賃貸人に対し、直ちにその償還を請求することができる。

 

3. × 誤り

【問題】

AがBからBの所有する建物を賃借している場合

Aは、有益費を支出したときは、賃貸借終了の際、その価格の増加が現存する場合に限り、自らの選択によりその費した金額又は増加額の償還を請求することができる。

【解説】

これは、よく見る引っ掛けです。

Aは、有益費を支出したときは、賃貸借終了の際、その価格の増加が現存する場合に限り、Bの選択によりその費した金額又は増加額の償還を請求することができます。

 

4. 〇 正しい

【問題】

AがBからBの所有する建物を賃借している場合

Aは、Bの同意を得て建物に造作を付加したときは、賃貸借終了の際、Bに対し時価でその造作を買い取るべきことを請求することができる。

【解説】

記述の通りです。

借地借家法33条1項
建物の賃貸人の同意を得て建物に付加した畳、建具その他の造作がある場合には、建物の賃借人は、建物の賃貸借が期間の満了又は解約の申入れによって終了するときに、建物の賃貸人に対し、その造作を時価で買い取るべきことを請求することができる。建物の賃貸人から買い受けた造作についても、同様とする。

 

以上より、解答はでした。 
関連過去問      
平成28年 問7 平成28年 問8 平成27年 問9 平成27年 問3
平成26年 問7 平成25年 問8 平成23年 問7 平成18年 問10
平成17年 問10 平成15年 問11 平成10年 問6 平成9年 問3
平成9年 問8 平成7年 問7 平成6年 問10 平成5年 問10
平成3年 問13

必要費、有益費についてはセットで必ず押えておいてください。

ご意見、ご質問などございましたら、コメント欄にお願いします。
ランキングに参加しています。
↓↓↓↓ポチッと応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ

平成3年(1991年)宅建試験 正解一覧

科目 解答 難易度 重要度
№2 民法(強迫) 普通
№3 民法(代理)
№4 民法(対抗関係)
№5 民法(共有)
№6 民法(連帯債務)
№7 民法(担保物権) 普通
№8 民法(買戻し)
№9 民法(弁済) 普通
№10 民法(贈与)
№11 民法(売主の担保責任)
№12 借地借家法(借地) 普通
№13 借地借家法(借家)
№15 不動産登記法
№16 不動産登記法
№18 都市計画法 普通
№19 都市計画法 普通
№20 都市計画法(開発許可)
№21 建築基準法(建築確認)
№23 建築基準法(建ぺい率,容積率)
№24 建築基準法(第二種中高層住居専用地域内) 普通
№25 宅地造成等規制法
№26 土地区画整理法 普通
№27 農地法
№28 登録免許税
№30 地方税
№32 景品表示法
№34 地価公示法
№35 宅建業法(宅建士)
№36 宅建業法(変更の登録他)
№37 宅建業法(免許)
№38 宅建業法(届出)
№39 宅建業法(免許基準)
№40 宅建業法(宅建士証)
№41 宅建業法(報酬) 普通
№42 宅建業法(他人物売買) 普通
№43 宅建業法(保証協会)
№44 宅建業法(媒介契約)
№45 宅建業法(重説の説明事項)
№46 宅建業法(クーリング・オフ)
№47 宅建業法(取引態様の明示) 普通
№48 宅建業法(保証協会)
№49 宅建業法(手付金等保全措置)
№50 宅建業法(宅建士への監督処分) 普通

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください