宅建過去問【2009】 平成21年 問50 建物の知識 問題と解説

宅建過去問 H21 問50 建物の知識 問題

建物の構造に関する次の記述のうち、不適当なものはどれか。

  1. 鉄骨構造の特徴は、自重が重く、耐火被覆しなくても耐火構造にすることができる。
  2. 鉄筋コンクリート構造は、耐火、耐久性が大きく骨組形態を自由にできる。
  3. 鉄骨鉄筋コンクリート構造は、鉄筋コンクリート構造よりさらに優れた強度、じん性があり高層建築物に用いられる。
  4. 集成木材構造は、集成木材で骨組を構成した構造で体育館等に用いられる。



宅建過去問 H21 問50 建物の知識 解説

 

1. × 不適当

【問題】

鉄骨構造の特徴は、自重が重く、耐火被覆しなくても耐火構造にすることができる。

【解説】

鉄骨構造は、熱に弱いと言う弱点があります。
このため、耐火被覆する必要があります。
WS000005

 

2. 〇 適当

【問題】

鉄筋コンクリート構造は、耐火、耐久性が大きく骨組形態を自由にできる。

【解説】

肢1の鉄筋構造の弱点を補うため、鉄筋コンクリート構造ができました。
ですから、鉄筋コンクリート構造は記述のように、耐火、耐久性が大きく骨組形態を自由にできます。
WS000006

 

3. 〇 適当

【問題】

鉄骨鉄筋コンクリート構造は、鉄筋コンクリート構造よりさらに優れた強度、じん性があり高層建築物に用いられる。

【解説】

高層ビルのほぼ全ては、鉄骨鉄筋コンクリート構造となっています。
WS000007

 

4. 〇 適当

【問題】

集成木材構造は、集成木材で骨組を構成した構造で体育館等に用いられる。

【解説】

集成木材とは、木材の板を接着剤で張り合わせ、強度を上げた木材です。
人工的に作られるため、設計上の自由度も大きく取れます。
ですから、体育館等の大型施設の建築材に近年多く用いられています。
WS000008

 

1
以上より、解答はでした。 
建物について関連過去問    
令和元年 問50 平成30年 問50 平成29年 問50 平成28年 問50
平成27年 問50 平成26年 問50 平成25年 問50 平成24年 問50
平成23年 問50 平成22年 問50 平成21年 問50 平成20年 問50
平成19年 問50 平成18年 問49 平成17年 問49 平成16年 問49

この問題程度の予備知識は、もっておきましょう。

ご意見、ご質問などございましたら、コメント欄にお願いします。

ランキングに参加しています。
↓↓↓↓ポチッと応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ
にほんブログ村

平成21年(2009年)宅建試験 正解一覧

問題№ 科目 回答 難易度
№1 民法(錯誤)
№2 民法(代理) 普通
№3 民法(消滅時効) 普通
№4 民法(相隣関係)
№5 民法(担保物権) 1
№6 民法(抵当権消滅請求) 3
№7 民法(法定地上権)
№8 民法(契約解除) 普通
№9 民法(贈与)
№10 民法(瑕疵担保/手付解除)
№11 借地借家法
№12 賃貸借と使用貸借
№13 区分所有法
№14 不動産登記法
№15 国土利用計画法
№16 都市計画法 普通
№17 都市計画法 普通
№18 建築基準法
№19 建築基準法
№20 宅地造成等規制法
№21 土地区画整法 普通
№22 農地法
№23 登録免許税
№24 印紙税
№25 地価公示法 普通
№26 宅建業法(免許)
№27 宅建業法(免許基準)
№28 宅建業法(届出)
№29 宅建業法(宅建士)
№30 宅建業法(営業保証金)
№31 宅建業法(8つの制限)
№32 宅建業法(専任媒介契約)
№33 宅建業法(重説)
№34 宅建業法(全般)
№35 宅建業法(37条書面)
№36 宅建業法(37条書面)
№37 宅建業法(8つの制限)
№38 宅建業法(瑕疵担保) 普通
№39 宅建業法(手付金等の保全措置) 普通
№40 宅建業法(全般)
№41 宅建業法(報酬計算)
№42 宅建業法(全般)
№43 宅建業法(業務)
№44 宅建業法(保証協会) 普通
№45 宅建業法(監督処分)
№46 住宅金融支援機構
№47 景品表示法
№48 統計
№49 土地の知識
№50 建物の知識 普通

2件のコメント

  • ayame

    肢1の解説の鉄筋は鉄骨の誤りですよね?

    • ご指摘ありがとうございます。
      訂正させていただきました。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください