宅建過去問【2009】 平成21年 問49 土地の知識 問題と解説

宅建過去問 H21 問49 土地の知識 問題

土地に関する次の記述のうち、不適当なものはどれか。

  1. 山地の地形は、かなり急峻で大部分が森林となっている。
  2. 台地・段丘は、農地として利用され、また都市的な土地利用も多い。
  3. 低地は、大部分が水田として利用され、地震災害に対して安全である。
  4. 臨海部の低地は、水利、海陸の交通に恵まれているが、住宅地として利用するためには十分な防災対策が必要である。



宅建過去問 H21 問49 土地の知識 解説

 

1. 〇 適当

【問題】

山地の地形は、かなり急峻で大部分が森林となっている。

【解説】

近隣にある山を見て見れば、急峻で、大部分が森林ですね。

WS000000

 

2. 〇 適当

【問題】

台地・段丘は、農地として利用され、また都市的な土地利用も多い。

【解説】

これも、イメージしていただけたら、記述の通りだと判断できると思います。

WS000002

 

3. × 不適当

【問題】

低地は、大部分が水田として利用され、地震災害に対して安全である。

【解説】

低地ですから、水田利用はいいと思いますが、地震に対して安全?とは言えないと思います。地震発生により、水害、土砂崩れ等の災害の危険は、十分に考えられます。

WS000003

 

4. 〇 適当

【問題】

臨海部の低地は、水利、海陸の交通に恵まれているが、住宅地として利用するためには十分な防災対策が必要である。

【解説】

神戸や横浜と言った場所をイメージしていただけたら、記述の通りだと言えます。

WS000004

 

以上より、解答はでした。 
土地について関連過去問    
令和元年 問49 平成30年 問49 平成29年 問49 平成28年 問49
平成27年 問49 平成26年 問49 平成25年 問49 平成24年 問49
平成23年 問49 平成22年 問49 平成21年 問49 平成20年 問49
平成19年 問49 平成18年 問50 平成17年 問50 平成16年 問50

この問題は、頭の中で土地の形状がイメージがつけば容易に判断できる問題だったと思います。

ご意見、ご質問などございましたら、コメント欄にお願いします。

ランキングに参加しています。
↓↓↓↓ポチッと応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ
にほんブログ村

平成21年(2009年)宅建試験 正解一覧

問題№ 科目 回答 難易度
№1 民法(錯誤)
№2 民法(代理) 普通
№3 民法(消滅時効) 普通
№4 民法(相隣関係)
№5 民法(担保物権) 1
№6 民法(抵当権消滅請求) 3
№7 民法(法定地上権)
№8 民法(契約解除) 普通
№9 民法(贈与)
№10 民法(瑕疵担保/手付解除)
№11 借地借家法
№12 賃貸借と使用貸借
№13 区分所有法
№14 不動産登記法
№15 国土利用計画法
№16 都市計画法 普通
№17 都市計画法 普通
№18 建築基準法
№19 建築基準法
№20 宅地造成等規制法
№21 土地区画整法 普通
№22 農地法
№23 登録免許税
№24 印紙税
№25 地価公示法 普通
№26 宅建業法(免許)
№27 宅建業法(免許基準)
№28 宅建業法(届出)
№29 宅建業法(宅建士)
№30 宅建業法(営業保証金)
№31 宅建業法(8つの制限)
№32 宅建業法(専任媒介契約)
№33 宅建業法(重説)
№34 宅建業法(全般)
№35 宅建業法(37条書面)
№36 宅建業法(37条書面)
№37 宅建業法(8つの制限)
№38 宅建業法(瑕疵担保) 普通
№39 宅建業法(手付金等の保全措置) 普通
№40 宅建業法(全般)
№41 宅建業法(報酬計算)
№42 宅建業法(全般)
№43 宅建業法(業務)
№44 宅建業法(保証協会) 普通
№45 宅建業法(監督処分)
№46 住宅金融支援機構
№47 景品表示法
№48 統計
№49 土地の知識
№50 建物の知識 普通

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください