宅建過去問【2009】 平成21年 問28 宅建業法(届出) 問題と解説

宅建過去問 H21 問28 宅建業法(届出) 問題

次の記述のうち、宅地建物取引業法(以下この問において「法」という。)の規定によれば、正しいものはどれか。

  1. 法人である宅地建物取引業者A(甲県知事免許)は、役員の住所について変更があった場合、その日から30日以内に、その旨を甲県知事に届け出なければならない。
  2. 法人である宅地建物取引業者B(乙県知事免許)が合併により消滅した場合、Bを代表する役員であった者は、その日から30日以内に、その旨を乙県知事に届け出なければならない。
  3. 宅地建物取引業者C(国土交通大臣免許)は、法第50条第2項の規定により法第15条第1項の国土交通省令で定める場所について届出をする場合、国土交通大臣及び当該場所の所在地を管轄する都道府県知事に、それぞれ直接届出書を提出しなければならない。
  4. 宅地建物取引業者D(丙県知事免許)は、建設業の許可を受けて新たに建設業を営むこととなった場合、Dは当該許可を受けた日から30日以内に、その旨を丙県知事に届け出なければならない。



宅建過去問 H21 問28 宅建業法(届出) 解説

 

1. × 誤り

【問題】

法人である宅地建物取引業者A(甲県知事免許)は、役員の住所について変更があった場合、その日から30日以内に、その旨を甲県知事に届け出なければならない。

【解説】

役員に変更があれば、当然、届出は必要ですし、婚姻等で氏名が変更すれば届出は必要となってきます。ただ、問題文のように、住所が変更になったとしても、そこまでは届出は必要がありません。 よって記述は誤りとなります。

なお、以下の事項に変更が生じた場合が届出を要します。

  1. 商号又は名称
  2. 法人である場合においては、その役員の氏名及び政令で定める使用人があるときは、その者の氏名
  3. 個人である場合においては、その者の氏名及び政令で定める使用人があるときは、その者の氏名
  4. 事務所の名称及び所在地
  5. 事務所ごとに置かれる専任の宅地建物取引士の氏名

 

2. 〇 正しい

【問題】

法人である宅地建物取引業者B(乙県知事免許)が合併により消滅した場合、Bを代表する役員であった者は、その日から30日以内に、その旨を乙県知事に届け出なければならない。

【解説】

合併で消滅するとうことは、その法人を廃業すると同じ事ですから、消滅した法人の社長なりが、届出ることになります。よって問題文は正しいとなります。

  届出義務者 免許失効時期 申請期限
死亡 相続人 死亡時から(即失効) 死亡を知ったときから30日以内
合併 合併により消滅する法人の役員 合併時から(即失効) 合併時から30日以内
破産 破産管財人 届出時 破産してから30日以内
解散 清算人 届出時 解散してから30日以内
廃業 法人なら役員、個人なら本人 届出時 廃業してから30日以内

 

3. × 誤り

【問題】

宅地建物取引業者C(国土交通大臣免許)は、法第50条第2項の規定により法第15条第1項の国土交通省令で定める場所について届出をする場合、国土交通大臣及び当該場所の所在地を管轄する都道府県知事に、それぞれ直接届出書を提出しなければならない。

【解説】

案内所の設置等をした場合は、その案内所等の住所地の都道府県知事に届出書を提出すれば、国土交通大臣免許を受けた宅建業者であればその住所地の都道府県知事が、国土交通大臣に提出してくれます。つまり、国土交通大臣に直接届け出る必要はないと言うことです。よって問題文は、誤りとなります。

 

4. × 誤り

【問題】

宅地建物取引業者D(丙県知事免許)は、建設業の許可を受けて新たに建設業を営むこととなった場合、Dは当該許可を受けた日から30日以内に、その旨を丙県知事に届け出なければならない。

【解説】

宅建業者の名簿の中に宅建業以外の事業の種類は、記載事項となっていますが、この事項に変更があった場合、届出は必要ないとなっていますので、問題文は誤りとなります。
肢1の解説参照

 

以上より、解答はでした。 

[table “20” not found /]

この問題も過去問の焼回しです。間違うことは、許されませよ^^

ご意見、ご質問などございましたら、コメント欄にお願いします。

ランキングに参加しています。
↓↓↓↓ポチッと応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ
にほんブログ村

平成21年(2009年)宅建試験 正解一覧

問題№ 科目 回答 難易度
№1 民法(錯誤)
№2 民法(代理) 普通
№3 民法(消滅時効) 普通
№4 民法(相隣関係)
№5 民法(担保物権) 1
№6 民法(抵当権消滅請求) 3
№7 民法(法定地上権)
№8 民法(契約解除) 普通
№9 民法(贈与)
№10 民法(瑕疵担保/手付解除)
№11 借地借家法
№12 賃貸借と使用貸借
№13 区分所有法
№14 不動産登記法
№15 国土利用計画法
№16 都市計画法 普通
№17 都市計画法 普通
№18 建築基準法
№19 建築基準法
№20 宅地造成等規制法
№21 土地区画整法 普通
№22 農地法
№23 登録免許税
№24 印紙税
№25 地価公示法 普通
№26 宅建業法(免許)
№27 宅建業法(免許基準)
№28 宅建業法(届出)
№29 宅建業法(宅建士)
№30 宅建業法(営業保証金)
№31 宅建業法(8つの制限)
№32 宅建業法(専任媒介契約)
№33 宅建業法(重説)
№34 宅建業法(全般)
№35 宅建業法(37条書面)
№36 宅建業法(37条書面)
№37 宅建業法(8つの制限)
№38 宅建業法(瑕疵担保) 普通
№39 宅建業法(手付金等の保全措置) 普通
№40 宅建業法(全般)
№41 宅建業法(報酬計算)
№42 宅建業法(全般)
№43 宅建業法(業務)
№44 宅建業法(保証協会) 普通
№45 宅建業法(監督処分)
№46 住宅金融支援機構
№47 景品表示法
№48 統計
№49 土地の知識
№50 建物の知識 普通

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください