宅建過去問【2001】 平成13年 問50 建物の知識 問題と解説

宅建過去問 H13 問50 建物の知識 問題

建築材料に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 常温常圧において、鉄筋と普通コンクリートを比較すると、温度上昇に伴う体積の膨張の程度(熱膨張率)は、ほぼ等しい。
  2. コンクリートの引張強度は、一般に圧縮強度の1/10程度である。
  3. 木材に一定の力をかけたときの圧縮に対する強度は、繊維方向に比べて繊維に直角方向のほうが大きい。
  4. 木材の辺材は、心材より腐朽しやすい。



宅建過去問 H13 問50 建物の知識 解説

 

1. 〇 正しい

【問題】

常温常圧において、鉄筋と普通コンクリートを比較すると、温度上昇に伴う体積の膨張の程度(熱膨張率)は、ほぼ等しい。

【解説】

記述の通りです。

 

2. 〇 正しい

【問題】

コンクリートの引張強度は、一般に圧縮強度の1/10程度である。

【解説】

記述の通りです。
コンクリートは、引っ張りに弱いと言う特徴があります。

 

3. × 誤り

【問題】

木材に一定の力をかけたときの圧縮に対する強度は、繊維方向に比べて繊維に直角方向のほうが大きい。

【解説】

canvas

写真の赤矢印が繊維の直角方向の圧縮、青矢印が繊維方向の圧縮、どちらが、圧縮強度が強いかは、想像がつきますね。

もちろん、青矢印の圧縮です。
従って、記述は逆ですから誤りです。

 

4. 〇 正しい

【問題】

木材の辺材は、心材より腐朽しやすい。

【解説】

腐朽は木材の周辺から始まります。
従って、記述の通りです。

 

以上より、解答はでした。 
建物について関連過去問    
令和元年 問50 平成30年 問50 平成29年 問50 平成28年 問50
平成27年 問50 平成26年 問50 平成25年 問50 平成24年 問50
平成23年 問50 平成22年 問50 平成21年 問50 平成20年 問50
平成19年 問50 平成18年 問49 平成17年 問49 平成16年 問49

肢1は、恐らく建築を勉強された方しか知らないと思います。

肢2は、知っておいてもらいたい特徴ですが、この特徴を知っている方が、どれほどいたかと考えたら、少数だと思います。

正解肢3は、写真などで説明されると、わかると思いますが、文章で書かれると判断に迷う問題だったと思います。

肢4は、簡単でした。

以上から、この問題に間違えても致し方ないと思います。

ご意見、ご質問などございましたら、コメント欄にお願いします。

ランキングに参加しています。
↓↓↓↓ポチッと応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ
にほんブログ村

平成13年(2001年)宅建試験 正解一覧

科目 解答 難易度
№1 民法(共有) 普通
№2 民法(錯誤) 普通
№3 民法(囲繞地通行権)
№4 民法(連帯債務) 普通
№5 民法(対抗関係)
№6 民法(各種契約)
№7 民法(抵当権)
№8 民法(代理)
№9 民法(敷金) 普通
№10 民法(不法行為)
№11 民法(法定相続) 普通
№12 借地借家法(旧借地法の経過措置) やる必要はありません
№13 借地借家法(家賃減額請求) 普通
№14 不動産登記法
№15 区分所有法
№16 国土利用計画法(事前届出)
№17 都市計画法
№18 都市計画法(開発許可)
№19 都市計画法(開発許可)
№20 建築基準法(防火・準防火地域)
№21 建築基準法
№22 土地区画整理法
№23 農地法
№24 その他の法令 普通
№25 都市計画法/民法/建築基準法
№26 特定のマイホームの譲渡損失の損益通算及び繰越控除の特例
№27 印紙税 普通
№28 不動産取得税
№29 不動産鑑定評価基準
№30 宅建業法(免許の可否)
№31 宅建業法(宅建士)
№32 宅建業法(宅建士)
№33 宅建業法(営業保証金) 4
№34 宅建業法(混合問題) 4
№35 宅建業法(37条書面)
№36 宅建業法(賃貸重説)
№37 宅建業法(混合問題)
№38 宅建業法(媒介契約)
№39 宅建業法(35条書面・37条面の記載事項)
№40 宅建業法(保証協会)
№41 宅建業法(手付金等の保全措置)
№42 宅建業法(業者間取引)
№43 宅建業法(案内所・標識)
№44 宅建業法(クーリング・オフ)
№45 宅建業法(業務規制)
№46 住宅金融公庫法
№47 景品表示法
№48 統計
№49 土地の知識
№50 建物の知識

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください