宅建過去問【2001】 平成13年 問39 宅建業法(35条書面・37条面の記載事項) 問題と解説

宅建過去問 H13年 問39 宅建業法(35条書面・37条面の記載事項) 問題

宅地建物取引業者が、宅地又は建物の売買の媒介に際して相手方に交付する必要のある書面に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはどれか。なお、この問において、「重要事項説明書」又は「契約書面」とは、それぞれ同法第35条又は同法第37条の規定に基づく書面をいう。

  1. 契約の解除については、特に定めをしなかったため、重要事項説明書にはその旨記載し内容を説明したが、契約書面には記載しなかった。
  2. 代金の額及びその支払の時期については、重要事項説明書に記載し内容を説明したが、契約書面には記載しなかった。
  3. 宅地及び建物の引渡しの時期については、特に定めをしなかったため、重要事項説明書にはその旨記載し内容を説明したが、契約書面には記載しなかった。
  4. 移転登記の申請の時期については、特に定めをしなかったため、重要事項説明書にはその旨記載し内容を説明したが、契約書面には記載しなかった。



宅建過去問 H13年 問39 宅建業法(35条書面・37条面の記載事項) 解説

 

1. 〇 正しい

【問題】

宅地建物取引業者が、宅地又は建物の売買の媒介に際して相手方に交付する必要のある書面に関し、

契約の解除については、特に定めをしなかったため、重要事項説明書にはその旨記載し内容を説明したが、契約書面には記載しなかった。

【解説】

契約の解除についてと言うのは、手付解除、違約解除、ローン解除、引渡し前の滅失等による解除などのことですが、その物件に決めようかどうしようかという、お客さんは、契約したとしても、例えば、引渡し前に目的不動産が災害などでなくなったらどうなるんだろうか?という不安がいっぱいです。

そのような不安を解消するために、契約前の重説において、契約解除は、こういう時にできますよ、その際、違約金がいくらかかります、かかりませんを含めて、説明する必要があります。

ただ、契約解除を定めないのでしたら、知らん顔はできませんから、「契約解除については、特に定めていません」と説明してください。
さらに、契約解除の内容は、当事者間の約束でもありますから、契約解除について、書く必要がございますが、記述のように、特に定めないというのでしたら、書きようがありませんから、その場合は、書く必要はもちろんありません。
従って、記述は正しいとなります。

 

2. × 誤り

【問題】

宅地建物取引業者が、宅地又は建物の売買の媒介に際して相手方に交付する必要のある書面に関し、

代金の額及びその支払の時期については、重要事項説明書に記載し内容を説明したが、契約書面には記載しなかった。

【解説】

重説は、お客さんがその物件に決めようか、どうしようかという時に、宅建業者が、その物件の情報を提供するために行うものです。その物件に決めようか、どうしようかと考えているお客さんに対して、代金は何月何日までになっていますので、よろしくお願いしまーすなんて、説明して意味がありますか?

支払の時期は、その物件に決めます!と決断して、売主にいつまでに、代金をお支払いしますと約束する書面、つまり、契約書に書くものです。

また、代金についても重説の説明事項ではありません。
代金がいくらか知らないで、その物件に決めようか、どうしようかなんて、迷うわけがないからです。お客さんは、代金を知った上で、迷っているはずです。ですから、わざわざ説明事項とする必要がないと言うことです。

ただ、契約書には、代金いくらで買うんだ、いくらで売るんだと、書面に残して約束しておかないと紛争の原因になりかねません。
従って、記述は逆を書いていますから、誤りとなります。

 

3. × 誤り

【問題】

宅地建物取引業者が、宅地又は建物の売買の媒介に際して相手方に交付する必要のある書面に関し、

宅地及び建物の引渡しの時期については、特に定めをしなかったため、重要事項説明書にはその旨記載し内容を説明したが、契約書面には記載しなかった。

【解説】

この問題も、肢2と同じです。
その物件に決めようか、どうしようかと考えているお客さんに対して、引渡しは何月何日となっていますから、よろしくお願いしまーすなんて、説明して意味がありますか?と言うことです。ですから、重説の説明事項では、ありません。

引き渡し時期は、その物件に決めます!と決断して、売主にいつまでに、代金をお支払いしますから、その時までに引き渡してくださいねなどと約束する書面、つまり、契約書に書くものです。従って、記述は逆を書いていますから、誤りとなります。

 

4. × 誤り

【問題】

宅地建物取引業者が、宅地又は建物の売買の媒介に際して相手方に交付する必要のある書面に関し、

移転登記の申請の時期については、特に定めをしなかったため、重要事項説明書にはその旨記載し内容を説明したが、契約書面には記載しなかった。

【解説】

これも、肢2、肢3と同じです。
移転登記の申請の時期と引き渡し時期は、同じ意味と考えていただいて結構です。ですから、肢3の解説と同じになります。従って、記述は逆となり、誤りです。

 

1
以上より、解答はでした。 
関連過去問      
平成28年 問39 平成28年 問30 平成24年 問32 平成23年 問34
平成19年 問40 平成17年 問39 平成15年 問37 平成14年 問38
平成13年 問39 平成8年 問38 平成4年 問42

何のために、重説を行うのか?何のために契約書を交わすのかを知っていれば、このような問題は、記載事項をいちいち暗記しなくても、簡単に解けるはずです。

ご意見、ご質問などございましたら、コメント欄にお願いします。

ランキングに参加しています。
↓↓↓↓ポチッと応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ
にほんブログ村

平成13年(2001年)宅建試験 正解一覧

科目 解答 難易度
№1 民法(共有) 普通
№2 民法(錯誤) 普通
№3 民法(囲繞地通行権)
№4 民法(連帯債務) 普通
№5 民法(対抗関係)
№6 民法(各種契約)
№7 民法(抵当権)
№8 民法(代理)
№9 民法(敷金) 普通
№10 民法(不法行為)
№11 民法(法定相続) 普通
№12 借地借家法(旧借地法の経過措置) やる必要はありません
№13 借地借家法(家賃減額請求) 普通
№14 不動産登記法
№15 区分所有法
№16 国土利用計画法(事前届出)
№17 都市計画法
№18 都市計画法(開発許可)
№19 都市計画法(開発許可)
№20 建築基準法(防火・準防火地域)
№21 建築基準法
№22 土地区画整理法
№23 農地法
№24 その他の法令 普通
№25 都市計画法/民法/建築基準法
№26 特定のマイホームの譲渡損失の損益通算及び繰越控除の特例
№27 印紙税 普通
№28 不動産取得税
№29 不動産鑑定評価基準
№30 宅建業法(免許の可否)
№31 宅建業法(宅建士)
№32 宅建業法(宅建士)
№33 宅建業法(営業保証金) 4
№34 宅建業法(混合問題) 4
№35 宅建業法(37条書面)
№36 宅建業法(賃貸重説)
№37 宅建業法(混合問題)
№38 宅建業法(媒介契約)
№39 宅建業法(35条書面・37条面の記載事項)
№40 宅建業法(保証協会)
№41 宅建業法(手付金等の保全措置)
№42 宅建業法(業者間取引)
№43 宅建業法(案内所・標識)
№44 宅建業法(クーリング・オフ)
№45 宅建業法(業務規制)
№46 住宅金融公庫法
№47 景品表示法
№48 統計
№49 土地の知識
№50 建物の知識

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください