宅建過去問【2000】 平成12年 問33 宅建業法(宅建士の登録) 問題と解説

宅建過去問 H12 問33 宅建業法(宅建士登録) 問題

宅建士の登録に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 宅建士Aが、不正の手段により登録を受けたとして登録の消除の処分に係る聴聞の期日及び場所が公示された日から当該処分についての決定がされる日までの間に、相当の理由なく登録の消除を申請した場合、Aは、当該登録が消除された日から5年を経過しなければ、新たな登録を受けることができない。
  2. 宅建士Bは、刑法第209条(過失傷害)の罪により罰金の刑に処せられた場合は、30日以内に登録の消除を申請しなければならず、当該登録が消除された日から5年を経過しなければ、新たな登録を受けることができない。
  3. 宅建士Cが、登録を受けている都道府県知事から事務禁止の処分を受け、その禁止の期間中にCからの申請に基づくことなく登録を消除された場合は、事務禁止の期間が満了するまでの間は、Cは、新たな登録を受けることができない。
  4. 未成年(未婚)であるDは、法定代理人から宅地建物取引業の営業に関し許可を得て登録を受けることができるが、宅地建物取引業者がその事務所等に置かなければならない成年者である専任の宅建士とみなされることはない。



宅建過去問 H12 問33 宅建業法(宅建士登録) 解説

 

1. 〇 正しい

【問題】

宅建士Aが、不正の手段により登録を受けたとして登録の消除の処分に係る聴聞の期日及び場所が公示された日から当該処分についての決定がされる日までの間に、相当の理由なく登録の消除を申請した場合、Aは、当該登録が消除された日から5年を経過しなければ、新たな登録を受けることができない。

【解説】

記述の通りです。
申し開きができないと思ったから、自ら登録消除の申請をしたと言うことです。

 

2. × 誤り

【問題】

宅建士Bは、刑法第209条(過失傷害)の罪により罰金の刑に処せられた場合は、30日以内に登録の消除を申請しなければならず、当該登録が消除された日から5年を経過しなければ、新たな登録を受けることができない。

【解説】

記述が、傷害で、罰金の刑に処せられたのであれば、正しいとなりますが、過失傷害であれば、登録消除の要件に該当しません。 従って、記述は誤りとなります。

過失傷害と言う罪名は、聞きなれないと思いますが、過失致死なら、ニュースでよく聞くと思います。交通事故で人を死亡させた場合、業務上過失致死傷罪となりますが、殺人罪とどう違うのでしょうか? これは、故意に人を殺したかどうかの違いとなります。過失傷害と傷害の違いも同じで、故意に人を傷つけたのかどうかの違いとなります。ですから、過失傷害の場合は、比較的刑が軽い罪と言うことになります。

 

3. × 誤り

【問題】

宅建士Cが、登録を受けている都道府県知事から事務禁止の処分を受け、その禁止の期間中にCからの申請に基づくことなく登録を消除された場合は、事務禁止の期間が満了するまでの間は、Cは、新たな登録を受けることができない。

【解説】

事務禁止の期間中に、登録を受けている都道府県知事から、勝手に登録を消除されるケースとしていくつか考えられますが、通常イメージするケースとしては、事務禁止の期間中にもかかわらず、宅建士の事務を行うなどしたことによる、登録の消除でしょう。

さて、事務禁止期間中に登録が消除された場合、消除の日から5年が経過すまでは、再登録はできないとなっていますので、記述は誤りとなります。

 

4. × 誤り

【問題】

未成年(未婚)であるDは、法定代理人から宅地建物取引業の営業に関し許可を得て登録を受けることができるが、宅地建物取引業者がその事務所等に置かなければならない成年者である専任の宅建士とみなされることはない。

【解説】

未成年者は、宅建士試験を受けることはできますが、原則として、登録をすることはできません。つまり、未成年者は、宅建士証を交付されることは、原則ないと言うことです。

ですが、民法で、勉強したと思いますが、未成年者が成年者とみなされるケースが、2つだけあります。
① 未成年者が婚姻したとき。
② 法定代理人が、営業に関して許可をしたとき

上記に該当すれば、たとえ未成年者であっても、成年者とみなされるのです。ですから、宅建士の登録もできますし、宅建士証の交付を受けバリバリと宅建士の仕事をこなすこともできます。

さて、記述の未成年者は未婚ですが、法定代理人から宅建業に関して営業の許可を得ていますから、宅建業に関しては「成年者」とみなされます。成年者にみなすと言っているのに、成年者である専任の宅建士とみなされないはずがありません。
従って、記述は誤りです。

 

1
以上より、解答はでした。 
関連過去問      
平成30年 問32 平成30年 問42 平成29年 問37 平成28年 問38
平成25年 問44 平成24年 問36 平成23年 問28 平成23年 問29
平成22年 問30 平成21年 問29 平成19年 問31 平成20年 問33
平成19年 問30 平成18年 問32 平成18年 問36 平成17年 問32

肢2の過失傷害なんて、微妙なところを突いてきましたが、正解肢1は、何度も訊かれている箇所ですから、間違わないようにしてくださいよ。

ご意見、ご質問などございましたら、コメント欄にお願いします。
ランキングに参加しています。
↓↓↓↓ポチッと応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ
にほんブログ村

平成12年(2000年)宅建試験 正解一覧

問題№ 科目 正解肢 難易度
№1 民法(代理)
№2 民法(消滅時効)
№3 民法(不動産賃貸の先取特権)
№4 民法(通謀虚偽表示)
№5 民法(根抵当権) 普通
№6 民法(債権譲渡) 普通
№7 民法(解約手付)
№8 民法(不法行為)
№9 民法(代物弁済) 普通
№10 民法(相続・遺留分)
№11 借地借家法(建物譲渡特約付借地権) 普通
№12 借地借家法(建物賃貸・転貸借) 普通
№13 区分所有法
№14 不動産登記法(所有権保存登記) 普通
№15 不動産登記法(分筆の登記) 普通
№16 国土利用計画法(事後届出)
№17 その他の法令
№18 都市計画法(建築物の建築の制限)
№19 都市計画法(開発許可)
№20 都市計画法(開発許可)
№21 土地区画整理法
№22 建築基準法 普通
№23 建築基準法(用途制限)
№24 建築基準法(道路)
№25 農地法
№26 長期譲渡所得
№27 印紙税
№28 不動産取得税
№29 地価公示法
№30 宅建業法(免許)
№31 宅建業法(宅建士)
№32 宅建業法(宅建士証と登録)
№33 宅建業法(宅建士登録)
№34 宅建業法(37条書面の記載事項)
№35 宅建業法(業務の禁止行為)
№36 宅建業法(媒介契約) 3
№37 宅建業法(媒介契約の違い) 2
№38 宅建業法(広告規制)
№39 宅建業法(重要事項説明)
№40 宅建業法(8つ制限)
№41 宅建業法(クーリング・オフ)
№42 宅建業法(従業者名簿・帳簿)
№43 宅建業法(監督処分)
№44 宅建業法(営業保証金)
№45 宅建業法(保証協会)
№46 統計
№47 景品表示法
№48 住宅金融公庫法
№49 土地の知識
№50 建物の知識

3件のコメント

  • 益田 高志

    平成12年の問33の肢3について、問題集やネットでの過去問の解説を見ると三者三様です・・・
    ・T●Cの解説では『「本人の申請に基づくことなく」登録が消除されているので登録は受けられる』と書いてありますし、
    ・他のところでは『「不正の手段により登録」などの場合は5年は登録が受けられないが、その他の事由では他の欠格事由に該当しない限り登録が受けられる』と書いてあります。
    ・またあるところでは『「本人の申請に基づくことなく登録が消除」ということは「事務禁止処分に違反」ということだから5年は登録が受けられない』とも書いてあります。

    そもそも出題者の意図も、登録が受けられるか受けられないかを聞いているのか、5年を経過するのか、経過しなくてもいいのかを聞いているのか不明です。

    結局のところ、どうなのでしょうか?

    説明がわかりにくければすみませんが、宜しくお願いいたします。

    • ご質問ありがとうございます。

      業法18条1項8号には、『第68条第2項又は第4項の規定による禁止の処分を受け、その禁止の期間中に第22条第1号の規定によりその登録が消除され、まだその期間が満了しない者』は登録できないとなっています。

      これは、事務禁止期間中に本人から登録の消除の申請があり、消除された者に対しての規定です。
      この場合は、5年を待たずに事務禁止期間が満了すれば、即登録が受けられます。

      しかしながら出題者は、わざわざ『Cからの申請に基づくことなく登録を消除された場合』と書いていますから、この業法18条1項8号の規定を聞いているのではないと容易に推察できます。

      となると業法18条1項6号の規定だとなります。

      業法18条1項6号は『68条の2第1項2号から4号まで又は同条第2項2号若しくは3号のいずれかに該当することにより登録の消除の処分を受け、その処分の日から5年を経過しない者』は登録できないと規定されています。

      この規定の説明は省略しますが、この規定から、ご指摘の肢3は誤りだと私は考えております。

      • 益田 高志

        矢野先生、早々に回答を有難うございました。
        やはりそうですよね。
        ということは、T●Cの解説はおかしいですよね。
        これで先に進めます。有難うございました!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください