宅建の勉強は、独学がいいのか?通学がいいのか?

WS000000先日メールで質問を頂いたのですが、

来年宅建を受けようと考えている方が、
資格予備校に通うべきか、どうか尋ねられました。

こんなことを言ったら、関係各所から
お叱りを受けそうですが、




正直に言いますと、宅建試験は独学で十分合格できる
試験だとわたしは思っています。

高いお金を払わなくても、しっかり勉強さえすれば
ほぼ間違いなく、合格できる試験が宅建だと思っています。

お金を払うメリットは、理解が多少早くなる程度だと思います。

よく「試験問題が的中しました!」
なーんて、資格予備校の宣伝を見ますが、

過去問に沿った問題が、ほとんどの宅建試験で
むしろ試験問題が的中しない方が、どうかしているって
わたしは思うのです。

 

勘違いしないでくださいね
わたしは、学校など行くな!とかは決して言うつもりはありません。

お金に余裕が有るなら、積極的にどうぞと言う考えです。

ただ、学校に行けばそんなに勉強しなくても、
合格できる、そんな考えを持って頂きたくないだけなんです。

学校で今年出る試験問題を、そのまま教えてくれることなんて、
絶対にないのです。

授業を受けただけで、復習や予習と言った勉強をしなければ
何の意味もないんです。

結局は、独学でも通学でも、勉強しなければ
合格することは不可能と言うことです。

ここを通学を希望している方には、ぜひ認識していただきたいと 思っています。

学校に入りさえすば、合格できる
そんな錯覚を、しないでください。

そんなこと思うはずないだろ!?
そうあなたは思うかもしれませんが、

わたしが見てきた限り、そんな甘い考えの方が、 多かったのです。

 

資格学校も生徒が来なければ、倒産してしまいますから
必死に広告してきます。

特に、この時期になると「有名講師による直前合宿」などと言った
募集をよく目にしますが、

今さらこの時期に何をするの?って言う感じです。

試験問題をダイレクトに教えてくれるの?
そんな魔法など絶対にないはずです。

そんな講義を聞く時間があるのでしたら、
過去問を1問でも多く解いていた方が、
ずっと合格に近づくと、申し訳ないですがそう思います。

 

宅建の試験ってそんなに難解でしょうか?

誰かに説明してもらわないと、
理解不能なところってありますか?

 

要は、あなたが本気で勉強するかしないかだけで
合否は決まるのが、宅建試験です。

大事なのは、独学や通学で迷うことではありません。
あなたが、勉強をやると覚悟を決めることです。

通学だったらラクできるなんてことは、
決してないのですから。

考えを切り替えていきましょう!

 

ご質問などございましたら、コメント欄にお願いします。

ランキングに参加しています。
↓↓↓↓ポチッと応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ
にほんブログ村

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください