ダブル受験・トリプル受験について

canvasわたしの勉強法をご覧なられた方の多くが、
ダブル受験について、ご質問をいただきます。

どのような内容か、ご紹介したいと思います。

 




社労士と宅建ダブル受験についての質問

さて、先生に質問ですが、私も欲張りだと思われそうですけど、
社労士も受験したいと考えておりますが、
今年、受験するか考え中です。

先生の合格の実績を拝見して意欲が沸いてきております。

~以下省略~

質問の回答

~前省略~

少し社労士についてお話すると
社労士はご存知のように合格率7から8%という大変難しい試験です。

社労士には出題科目が10あります。

その10科目に対し
午前中「選択式」、午後「択一式」の問題が用意されています

更にはそれぞれについて正解率が5割に達していないと
即足きりの対象となります。(救済措置はありますが)
全体の点数は毎年変動しますが約7割以上の正解が必要となります。

このような難関試験ですから、受験生も相当に気合が入っている
人ばかりです。

社労士は宅建と違い落とすための試験です。
中途半端な勉強では、まず落ちる試験です。
そこを十分認識されてください。

「宅建超高速勉強術」の購入者さんで、
このようなご質問はたくさん頂いていますが
1年に2つ、3つの合格を目指すと、口で言うのは簡単ですが、
実行するのは非常に大変です。

私が言いたいことは、今から勉強しても社労士合格は
無理ではありません。
なぜなら私が2月から社労士の勉強を始めて合格しています。

ただ非常に大変だと言うことだけは、
覚悟しておいていただきたいのです。

具体的には、通常の日常生活の大部分を犠牲にして、
その時間を、勉強に当てることになります。

~以下省略~

 

行政書士と宅建ダブル受験についての質問

はじめまして。

私がなぜ宅建を取ろうと思ったかと言いますと、資格を持っていない
実家の父(72歳)が、資格はあるけど宅建業を
やりたくない知人を強引に巻き込んで、
宅建業らしきことを始めたのです。
(大々的にではありませんが。)

それで、母がその人を気の毒がって、
「こんなことなら、あんたが(資格を)取ってくれたら
ええのに・・・」と。

私も常々、将来のためにも何か資格でも・・・
とは思っていたので、挑戦してみようと思ったのです。

ただ、宅建を取ったとしても、不動産業の経験もないのに、
本当に仕事できるのか?(収入につながるのか?)
という不安はあります。

それはさておき、矢野先生に質問があります。

先生は、行政書士も持っていらっしゃるようですが、
もし私が今から勉強して、10月の宅建と、
1月の行政書士の2つを狙うということは、
可能だと思われますか?

とりあえずは、宅建取得をめざして、とりかかるつもりです
背水の陣を敷いて(!)頑張りたいと思いますので、
どうぞよろしくお願いします。

質問の回答

~前省略~

宅建の試験は例年10月の第2日曜日、
行政書士は11月の第2日曜日に試験が実施されます。

ダブル受験は不可能ではありません。
現実、私がトライして合格しています。

ただ、人並みの勉強量以上にがんばらないとダブルで
合格するのは難しいです。
行政書士は宅建の試験に比べ非常に難しいと言うことを
認識しておいてください。

そしてダブル受験というのは、ダブルで合格がある反面、
ダブルで不合格も秘めています。

~以下省略~

この2通のメールを見ていかがですか?

 

私は決してダブル受験やトリプル受験を否定しているわけではありません。
私の経験上「きつかった」から、そのままをお伝えしているに過ぎません。

体を壊してしまうかも知れません。
家族サービスなど到底無理です。

そんな覚悟が必要だと言うことを、お伝えしたいのです。

 

最後にもう1通だけ、メールを紹介しておきます。

質問

突然ですが先生に質問があります。

先生はどうして1年で3つもの難関国家資格を、
取ろうと思ったのですか?
又、その原動力は、どこに有ったのですか?
とても凄いことで尊敬しております。

質問の回答

答えは簡単(単純)です。

勢い、勉強法の確認、合格できるんじゃないか、
仕事の幅を広げたい=もっと稼ぎたい、他人に自慢したい、
危機感、こんなところです。

原動力と言われたら「危機感です」

このままでいいのか?
家族を食べさせていけるのか?

そんな思いが、当時あったからです。
危機感がなければ、こんな苦しい試験勉強は、
続けられなかったでしょう。
ボクサーなんかと同じで「ハングリー精神」がないと勝てません。

3つもの国家資格を手にしたら、自分に凄く自身が付くのは事実です。

今後もやってやれないことはないはないと
前向きに、考えられるようになったのも事実です。

もしあなたが、ダブル受験やトリプル受験を目指したいと
考えているようでしたら、参考になればと思います。

 

ランキングに参加しています。
↓↓↓↓ポチッと応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ
にほんブログ村

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください