宅建(資格)試験は忘却との戦い

canvas宅建(資格)試験は忘却との戦いです。

忘れないように、 忘れても
またすぐ暗記ができてしまう
そんな仕掛けをぜひ考えてください。




工夫や仕掛けのないの勉強では、
伸びませんよ。
時間ばかりとられます。

大事なのはテキストや問題集ではないのです。
大事なのでもう1度、

大事なのはテキストや問題集ではないのです。

 

宅建超高速勉強術を知っている方は、
この辺は理解していただけると思います。

人間は必ず忘れる生き物です。
このことをしっかり理解してください。

忘れることを恐れていては、先に進めない状態になります。
具体的に言うと、次の教科に進めないのです。

業法がやっと終わった!
次は民法に行こう、そんな時、忘却の恐怖が襲いかかります。

民法をやりだしたら、今までやってきた業法を忘れてしまう(怖)
そこで、多くの方は重複学習を行っています。

重複学習とは、民法を1時間なら1時間やって、
残りの時間を業法の復習に当てたりするやり方です。

このやり方は、決して間違ったやり方ではありませんが、
非常に時間を取られます。
ですから、時間がある方は、このやり方で大丈夫です。

ただ、社会人の方など時間のない方は、この重複学習は
必ず行き詰ってきます。

 

わたしは、業法なら業法、民法なら民法と集中して、勉強しました。

ただし、全ての勉強が一通り終わった後、
短時間で思い出せるよう、工夫はしていました。

短期間で効率よく勉強するためには、 工夫が必ず必要です。

時間がないからと諦めるのでなく、
その分、頭を使って効率よく勉強すれば

必ず忘却にも勝てることでしょう!

あなたも工夫や仕掛けを、ぜひ考えてください。

 

ランキングに参加しています。
↓↓↓↓ポチッと応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ
にほんブログ村

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください