宅建の勉強時間ってどのくらいなの?

canvas宅建に合格してる人は、どのくらい勉強しているんだろう?

このような質問を多く頂きます、
はっきり言ってそれぞればらつきはあるのですが、

2時間から4時間と言う人がほとんどです。

 

わたしの勉強法でも、勉強時間は2時間と設定しています。




ここで2時間?
そんなに勉強できないとお考えでしたら、
申し訳ないですが、宅建挑戦はあきらめた方が無難です。

そんなに甘くないです。

合格しようと考えるなら最低2時間は勉強するようにしてください。
ただ、半年、1年と期間があれば勉強時間も短縮しても構わないと思いますが

私の考えは、長期にだらだらと勉強をすると
モチベーションも下がりますし、忘却とも戦えないと考えています。

短期にパッと勉強をしてしまえば、
モチベーションもある程度保てると思いますし、
忘れることも少ないと考えているのです。

ここで、わたしに届いた質問をご紹介しましょう。

質問

初めまして。

今年初めて宅建を受験しようと思っています。

「宅建超高速勉強術」で4ヶ月かけて勉強する場合、

単純計算をして一日1時間の勉強で合格を目指せますか?

ご返答お待ちしています(*^_^*)

質問の回答

計算上では可能ですが、宅建に限らず
資格試験は忘却との戦いでもあります。

1日でも早く全ての学習を一通り終わらせることが
何よりも大事だとわたしは考えているのです。

「今年初めて宅建を受験」ということですので、
全く先が分からないと思いますが、

受験をするからには集中してやってもらいたいと 思っています。

正直に言いますと1日1時間しか勉強時間が取れないようでは、
少し難しい気がしています。

2ヶ月2時間と4ヶ月1時間はトータル時間は同じでも、
恐らく内容が違ってくるものと考えます。

わたしは、2ヶ月以上本試験まで、期間がある方でも同様に、
2ヶ月で一通りの勉強を終了していただきたいと
アドバイスさせていただいています。

そして、残りの期間は忘れない為の勉強と
更に知識をより広げる為の勉強に当ててもらっています。

この期間が長ければ、長いほど知識が広がっていきますから
合格の確率はぐんぐん伸びてきます。

よく隙間時間だけを利用した勉強法と言うのを見かけますが、
わたしは邪道だと思っています。

1年に1度しかない試験において、一か八かのような受験は、
わたしはやらない方がいいと思うのです。

基本学習(インプット)期間だけでもきちんと、
まとまった時間、勉強していただいて確実に合格を
手に入れてほしいと願います。

宅建は比較的やさしい試験だと、巷では言われていますが、
実際、過去問を見てもらえればわかるように、
一朝一夕で回答が出る問題ではありません。

更にここ数年、合格基準点が7割前後の正解率を求めて来ていますので、
受験者全体のレベルも上がってきています。

以上を踏まえると、どこかで集中(時間を取って)して
勉強しないと、わたしとしては確実に合格を
勝ち取ることは難しいと言う結論に達します。

1年も2年も勉強しましょうと言っているのではなく
2・3か月のがんばりで、強力な資格が手に入ると思えば
どうでしょうか?

まずは、勉強できる環境を整えてください。
がんばってください。

宅建

これを読んであなたはどう思ったでしょうか?
2時間なんて到底無理と思われましたか?

 

わたしは、仕事をしながら3つの資格に
合格できましたと言うのは簡単ですが、

その裏では、かなりの努力と時間は作ってきたんですよ。
遊びざかりの子供もいましたが、
奥さんに、土下座して理解をもらい、受験の間はどこも遊びに
出かけませんでした。

また、子供の運動会や発表会などでも
子供の出番の合間に、テキストや過去問を解いていたほどです。

宅建だけであれば、ここまでする必要がないと思いますが、
国家資格を取るのは、ある程度の犠牲は必要だとわたしは思っています。

ちょっと熱く語ってしまいましたが、

あなたの心に響けば幸いです。

ランキングに参加しています。
↓↓↓↓ポチッと応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ
にほんブログ村

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください