宅建試験でも出るかも? 不動産鑑定士 短答式過去問 H30-26 宅建業法 問題と解説

不動産鑑定士試験での宅建業法は、はっきり言って簡単です。
基本問題ばかりですから、ぜひ挑戦して見てください。

不動産鑑定士 短答式過去問 H30-26 宅建業法 問題

宅地建物取引業法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 宅地建物取引業者が自ら売主となる宅地の売買契約について、当該宅地建物取引業者の事務所等以外の場所において、買受けの申し込みをした者は、その申込みの撤回を行うことができる旨及びその申込みの撤回を行う場合の方法について告げられた日から起算して5日を経過したときは、その申込みを撤回することができない。
  2. 宅地建物取引業者は、自ら売主となる宅地の売買契約の締結に際して、代金の10分の2を超える額の手附を受領することができない。
  3. 宅地建物取引業者は、自ら売主となる建物の建築に関する工事の完了前においては、いかなる場合においても当該建物の売買契約を締結してはならない。
  4. 宅地建物取引業者は、その事務所ごとに従業者名簿を備え、従業者の氏名、住所、宅地建物取引士であるか否かの別等の事項を記載しなければならない。
  5. 専任媒介契約を締結した宅地建物取引業者は、依頼者に対して、当該専任媒介契約に係る業務の処理状況を1ヶ月に1回以上報告しなければならない。



不動産鑑定士 短答式過去問 H30-26 宅建業法 解説

 

1. × 誤り

【問題】

宅地建物取引業者が自ら売主となる宅地の売買契約について、当該宅地建物取引業者の事務所等以外の場所において、買受けの申し込みをした者は、その申込みの撤回を行うことができる旨及びその申込みの撤回を行う場合の方法について告げられた日から起算して5日を経過したときは、その申込みを撤回することができない。

【解説】

申込みの撤回ができるのは、書面で告げられた日から8日間です。

宅建業法37条の2第1項1号
買受けの申込みをした者又は買主が、国土交通省令・内閣府令の定めるところにより、申込みの撤回等を行うことができる旨及びその申込みの撤回等を行う場合の方法について告げられた場合において、その告げられた日から起算して八日を経過したとき。

 

2. 〇 正しい

【問題】

宅地建物取引業者は、自ら売主となる宅地の売買契約の締結に際して、代金の10分の2を超える額の手附を受領することができない。

【解説】

記述の通りです。

宅建業法39条1項
宅地建物取引業者は、みずから売主となる宅地又は建物の売買契約の締結に際して、代金の額の十分の二をこえる額の手附を受領することができない。

 

3. × 誤り

【問題】

宅地建物取引業者は、自ら売主となる建物の建築に関する工事の完了前においては、いかなる場合においても当該建物の売買契約を締結してはならない。

【解説】

開発許可や建築確認等、一定の許可等が出た後でしたら、未完成物件の契約は行えます。

宅建業法36条
宅地建物取引業者は、宅地の造成又は建物の建築に関する工事の完了前においては、当該工事に関し必要とされる都市計画法第二十九条第一項又は第二項の許可、建築基準法第六条第一項の確認その他法令に基づく許可等の処分で政令で定めるものがあつたでなければ、当該工事に係る宅地又は建物につき、自ら当事者として、若しくは当事者を代理してその売買若しくは交換の契約を締結し、又はその売買若しくは交換の媒介をしてはならない。

 

4. × 誤り

【問題】

宅地建物取引業者は、その事務所ごとに従業者名簿を備え、従業者の氏名、住所、宅地建物取引士であるか否かの別等の事項を記載しなければならない。

【解説】

宅建業者は、その事務所ごとに従業者名簿を備えおかなくてはいけません(業法48条3項)

従業者名簿の記載事項は以下の通りで、住所は記載事項ではありません。

  • 生年月日
  • 主たる職務内容
  • 宅地建物取引士であるか否かの別
  • 当該事務所の従業者となつた年月日
  • 当該事務所の従業者でなくなつたときは、その年月日

 

5. × 誤り

【問題】

専任媒介契約を締結した宅地建物取引業者は、依頼者に対して、当該専任媒介契約に係る業務の処理状況を1ヶ月に1回以上報告しなければならない。

【解説】

専任媒介契約での業務の処理状況の報告は、2週間に1回以上となっています。

宅建業法34条の2第9項
専任媒介契約を締結した宅地建物取引業者は、前項に定めるもののほか、依頼者に対し、当該専任媒介契約に係る業務の処理状況を二週間に一回以上(依頼者が当該宅地建物取引業者が探索した相手方以外の者と売買又は交換の契約を締結することができない旨の特約を含む専任媒介契約にあつては、一週間に一回以上)報告しなければならない。

 

以上より、解答はでした。 

canvas1.png.pagespeed.ce.ouJW7wZHbj 簡単でしたね。

ご意見、ご質問などございましたら、コメント欄にお願いします。
ランキングに参加しています。
↓↓↓↓ポチッと応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ

不動産鑑定士 【宅建業法】 過去問 一覧

不動産鑑定士 宅建業法 過去問
鑑定士 業法 平成30年 鑑定士 業法 平成29年 鑑定士 業法 平成28年
鑑定士 業法 平成27年 鑑定士 業法 平成26年 鑑定士 業法 平成25年
鑑定士 業法 平成24年 鑑定士 業法 平成23年 鑑定士 業法 平成22年
鑑定士 業法 平成20年 鑑定士 業法 平成19年 鑑定士 業法 平成18年
鑑定士 業法 平成17年 鑑定士 業法 平成16年 鑑定士 業法 平成15年
鑑定士 業法 平成14年

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください