宅建試験でも出るかも? マンション管理士 過去問 H30-21 建築基準法 問題と解説

宅建と兄弟資格でもあるマンション管理士試験ですから、
その過去問については、宅建試験で問われても何ら不思議ではありません。

難易度レベルもほぼ変わりありませんので、
腕試しのつもりで、ぜひ、挑戦して見てください。

マンション管理士 過去問 H30-21 建築基準法 問題

共同住宅に関する次の記述のうち、建築基準法(昭和25 年法律第201号)の規定によれば、誤っているものはどれか。

  1. 建築主は、防火地域及び準防火地域外にある共同住宅を増築しようとする場合で、その増築に係る部分の床面積の合計が5㎡であるときは、建築確認を受ける必要はない。
  2. 政令で定める技術的基準に従って換気設備を設けた場合を除き、共同住宅の居室には換気のための窓その他の開口部を設け、その換気に有効な部分の面積は、その居室の床面積に対して、20分の1以上としなければならない。
  3. 主要構造部が準耐火構造である共同住宅の3階(避難階以外の階)については、その階における居室の床面積の合計が150㎡である場合、その階から避難階又は地上に通ずる2以上の直通階段を設けなければならない。
  4. 防火地域内にある共同住宅の屋上に設ける高さ2mの看板は、その主要な部分を不燃材料で造り、又はおおわなければならない。



マンション管理士 過去問 H30-21 建築基準法 解説

 

1. 〇 正しい

【問題】

建築主は、防火地域及び準防火地域外にある共同住宅を増築しようとする場合で、その増築に係る部分の床面積の合計が5㎡であるときは、建築確認を受ける必要はない。

【解説】

記述の通りです。
防火地域及び準防火地域において建築物を増築し、改築し、又は移転しようとする場合で、その増築、改築又は移転に係る部分の床面積の合計が10㎡以内であるときについては、建築確認を受ける必要はありません(建築基準法6条2項)。

 

2. 〇 正しい

【問題】

政令で定める技術的基準に従って換気設備を設けた場合を除き、共同住宅の居室には換気のための窓その他の開口部を設け、その換気に有効な部分の面積は、その居室の床面積に対して、20分の1以上としなければならない。

【解説】

記述の通りです。

建築基準法28条2項
居室には換気のための窓その他の開口部を設け、その換気に有効な部分の面積は、その居室の床面積に対して、二十分の一以上としなければならない。ただし、政令で定める技術的基準に従つて換気設備を設けた場合においては、この限りでない。

 

3. × 誤り

【問題】

主要構造部が準耐火構造である共同住宅の3階(避難階以外の階)については、その階における居室の床面積の合計が150㎡である場合、その階から避難階又は地上に通ずる2以上の直通階段を設けなければならない。

【解説】

建築物の避難階以外の階が共同住宅の用途に供する階でその階における居室の床面積の合計が100㎡を超える場合においては、その階から避難階又は地上に通ずる二以上の直通階段を設けなければけません(建築基準法施行令121条1項5号)。

但し、その建築物の主要構造部が準耐火構造であるか、又は不燃材料で造られていれば、居室の床面積の合計が200㎡超に緩和されます(建築基準法施行令121条2項)。

従って、記述の共同住宅の3階については、居室の床面積の合計が200㎡以下ですので、その階から避難階又は地上に通ずる2以上の直通階段を設ける義務はございません。

 

4. 〇 正しい

【問題】

防火地域内にある共同住宅の屋上に設ける高さ2mの看板は、その主要な部分を不燃材料で造り、又はおおわなければならない。

【解説】

記述の通りです。
防火地域内にある建築物の屋上に設ける看板は、高さに関係なく、その主要な部分を不燃材料で造り、又はおおわなければなりません。

建築基準法66条
防火地域内にある看板、広告塔、装飾塔その他これらに類する工作物で、建築物の屋上に設けるもの又は高さ三メートルをこえるものは、その主要な部分を不燃材料で造り、又はおおわなければならない。

 

以上より、解答はでした。 

canvas1.png.pagespeed.ce.ouJW7wZHbj 正解肢3は知っている方は非常に少ないと思いました。また、肢4は宅建でもよく出題される条文ですが、数字だけを暗記している方は、引っ掛かる問題だったと思います。

ご意見、ご質問などございましたら、コメント欄にお願いします。
ランキングに参加しています。
↓↓↓↓ポチッと応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ

マンション管理士 過去問
平成30年度 平成29年度 平成28年度 平成27年度
民法(瑕疵ある意思表示) 民法(転貸借) 民法(共有) 民法(贈与)
民法(抵当権・物上保証) 民法(債務不履行) 民法(連帯保証) 民法(無権代理)
民法(相殺) 民法(瑕疵担保責任) 民法(賃貸・売買) 民法(共有)
借地借家法(借家) 民法(抵当権) 民法(賃貸借契約) 民法(使用貸借)
民法(準委任) 民法(代襲相続) 民法(不法行為) 民法(相続)
民法(遺言の撤回) 民法(相続) 建築基準法
都市計画法(地域地区) 都市計画法(都市計画) 都市計画法
建築基準法 建築基準法(混合問題)
平成26年度 平成25年度 平成24年度 平成23年度
借地借家法(賃料減額請求) 民法(二重売買) 民法(共有) 民法(瑕疵担保責任)
民法(意思能力) 民法(抵当権) 民法(管理費等) 民法(寄託)
民法(不法行為) 民法(手付) 民法・宅建業法(瑕疵担保責任) 民法(不法行為)
民法(賃借権の譲渡) 民法(賃借権の相続) 民法(転貸借) 民法(遺産分割)
民法(相続) 借地借家法(定期建物賃貸借) 民法(不法行為) 民法(滞納管理費)
宅建業法(瑕疵担保責任) 建築基準法(防火・準防火地域) 民法(相続) 建築基準法(違反建築物等)
建築基準法 都市計画法(地域地区) 建築基準法(防火・準防火地域) 都市計画法(地域地区)
都市計画法 都市計画法
平成22年度 平成21年度 平成20年度 平成19年度
民法(滞納管理費) 民法(不法行為) 民法(抵当権) 民法(不在者の財産管理及び失踪の宣告)
民法(敷金) 民法(時効の中断) 民法(共有) 民法(共有)
民法(担保責任) 民法(相続) 民法(担保責任) 民法(相続)
民法(請負人の担保責任) 民法(免責的債務引受) 都市計画法(地域地区) 建築基準法(耐火,準耐火建築物)
民法(請負) 建築基準法(違反建築物) 都市計画法(地域地区)
民法(不法行為) 都市計画法(用途地域)
民法(不法行為)
建築基準法(単体規定)
都市計画法(区域区分)
平成18年度 平成17年度 平成16年度 平成15年度
民法・不動産登記法 民法(無権代理) 民法(共有,相続) 民法(契約の取消)
民法(不法行為責任) 民法.借地借家法 民法(抵当権付建物の賃貸借) 民法(代理)
民法・区分所有法 民法(消滅時効) 民法(請負) 民法(贈与)
民法(不法行為,使用者責任) 民法(請負) 民法(不法行為) 民法(不法行為)
民法(相続) 民法(共同不法行為) 建築基準法(単体規定) 建築基準法(準防火地域内の共同住宅)
建築基準法(容積率) 民法(相続) 建築基準法(単体規定) 建築基準法(居室の衛生上の措置)
建築基準法(単体規定) 建築基準法(容積率) 都市計画法(都市計画の内容) 都市計画法(再開発等促進区)+
都市計画法(地区計画) 建築基準法(防火,準防火地域)
都市計画法(建ぺい率)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください