宅建試験でも出るかも? マンション管理士 過去問 H27-14 民法(共有)問題と解説

宅建と兄弟資格でもあるマンション管理士試験ですから、
その過去問については、宅建試験で問われても何ら不思議ではありません。

難易度レベルもほぼ変わりありませんので、
腕試しのつもりで、ぜひ、挑戦して見てください。

マンション管理士 過去問 H27-14 民法(共有) 問題

夫A及び妻Bが、甲マンションの501号室の区分所有権を各1/2の持分割合で共有している場合に関する次の記述のうち、民法の規定及び判例によれば、正しいものはどれか。ただし、管理費の負担に関する合意を除き、共有者間において別段の特約はないものとする。

  1. AB間において501号室の管理費の負担者をAと合意した場合、その合意が書面で行われ、その旨が甲マンションの管理者に通知されたときは、管理者はBに対して管理費を請求することができない。
  2. 501号室の上階である601号室の所有者Cが、不注意により浴室から溢水させ、501号室に損害を与えた場合、A及びBがCに損害賠償を求めるときは、それぞれの共有持分の割合に応じて請求しなければならず、自己の持分割合を超えて請求することはできない。
  3. Aが、501号室の共有持分権をAB間の成人の子であるDに譲渡する場合は、Bの同意を得なければならない。
  4. Aが、自らの趣味で行っている日曜大工の作業中に、誤ってベランダから工具を落下させ、通行人Eが怪我をした場合、Bは自らに過失がなくても、区分所有権の共有者として、Aと連帯してEに対して損害賠償責任を負わなければならない。



マンション管理士 過去問 H27-14 民法(共有) 解説

 

1. × 誤り

【問題】

夫A及び妻Bが、甲マンションの501号室の区分所有権を各1/2の持分割合で共有している場合

AB間において501号室の管理費の負担者をAと合意した場合、その合意が書面で行われ、その旨が甲マンションの管理者に通知されたときは、管理者はBに対して管理費を請求することができない。

【解説】

マンションの管理費と言うのは、各区分所有者が負担します。
501号室の所有者は、AとBとなっていますから、管理費の負担義務を負うのは、AとBだとなります。

また、マンションの管理費の支払い債務は、不可分的な給付の対価として不可分債務となっていますので、ABの連帯債務となります。ですから、債権者(管理者)は、Aに対しても、Bに対しても、同時に若しくは順次に全部又は一部の履行を請求することができます。

これを、ABの話し合いによって、Aが管理費を負担することになったとしていますが、この話は、AB間だけの合意内容であって、マンションの管理者には関係のない話です。

ですから、マンションの管理者にABの合意内容が通知されていたとしても、マンションの管理者としては、AにもBにも支払いを請求することができるとなります。

 

2. 〇 正しい

【問題】

夫A及び妻Bが、甲マンションの501号室の区分所有権を各1/2の持分割合で共有している場合

501号室の上階である601号室の所有者Cが、不注意により浴室から溢水させ、501号室に損害を与えた場合、A及びBがCに損害賠償を求めるときは、それぞれの共有持分の割合に応じて請求しなければならず、自己の持分割合を超えて請求することはできない。

【解説】

記述の通りです。
他人が所有している部屋の損害まで、請求できるはずがありません。
これと同じで、自己の持分割合を超えて請求することはできないとなります。

 

3. × 誤り

【問題】

夫A及び妻Bが、甲マンションの501号室の区分所有権を各1/2の持分割合で共有している場合

Aが、501号室の共有持分権をAB間の成人の子であるDに譲渡する場合は、Bの同意を得なければならない。

【解説】

共有で持分権と出てきたら、所有権だと考えればいいのです。
自分が持っている所有権を第三者に譲渡する場合、誰かの同意が必要ですか?自分の所有物をどうしようが勝手にできるはずです。

ですから、自分が持っている持分権を、譲渡する場合、誰の同意もなく行うことができます。

 

4. × 誤り

【問題】

夫A及び妻Bが、甲マンションの501号室の区分所有権を各1/2の持分割合で共有している場合

Aが、自らの趣味で行っている日曜大工の作業中に、誤ってベランダから工具を落下させ、通行人Eが怪我をした場合、Bは自らに過失がなくても、区分所有権の共有者として、Aと連帯してEに対して損害賠償責任を負わなければならない。

【解説】

Aの不注意で、Eに損害を与えているのに、なぜ、Bが連帯してEに損害賠償しなくてはいけないのでしょうか?

Bに何か過失があるのでしたら、別ですが、記述のケースでは、何の過失も見られませんので、Aのみが不法行為責任を負います。

 

以上より、解答はでした。 

少しひねった問題もありましたが、ラクに正解は出せたと思います。

ご意見、ご質問などございましたら、コメント欄にお願いします。
ランキングに参加しています。
↓↓↓↓ポチッと応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ

マンション管理士 過去問
平成30年度 平成29年度 平成28年度 平成27年度
民法(瑕疵ある意思表示) 民法(転貸借) 民法(共有) 民法(贈与)
民法(抵当権・物上保証) 民法(債務不履行) 民法(連帯保証) 民法(無権代理)
民法(相殺) 民法(瑕疵担保責任) 民法(賃貸・売買) 民法(共有)
借地借家法(借家) 民法(抵当権) 民法(賃貸借契約) 民法(使用貸借)
民法(準委任) 民法(代襲相続) 民法(不法行為) 民法(相続)
民法(遺言の撤回) 民法(相続) 建築基準法
都市計画法(地域地区) 都市計画法(都市計画) 都市計画法
建築基準法 建築基準法(混合問題)
平成26年度 平成25年度 平成24年度 平成23年度
借地借家法(賃料減額請求) 民法(二重売買) 民法(共有) 民法(瑕疵担保責任)
民法(意思能力) 民法(抵当権) 民法(管理費等) 民法(寄託)
民法(不法行為) 民法(手付) 民法・宅建業法(瑕疵担保責任) 民法(不法行為)
民法(賃借権の譲渡) 民法(賃借権の相続) 民法(転貸借) 民法(遺産分割)
民法(相続) 借地借家法(定期建物賃貸借) 民法(不法行為) 民法(滞納管理費)
宅建業法(瑕疵担保責任) 建築基準法(防火・準防火地域) 民法(相続) 建築基準法(違反建築物等)
建築基準法 都市計画法(地域地区) 建築基準法(防火・準防火地域) 都市計画法(地域地区)
都市計画法 都市計画法
平成22年度 平成21年度 平成20年度 平成19年度
民法(滞納管理費) 民法(不法行為) 民法(抵当権) 民法(不在者の財産管理及び失踪の宣告)
民法(敷金) 民法(時効の中断) 民法(共有) 民法(共有)
民法(担保責任) 民法(相続) 民法(担保責任) 民法(相続)
民法(請負人の担保責任) 民法(免責的債務引受) 都市計画法(地域地区) 建築基準法(耐火,準耐火建築物)
民法(請負) 建築基準法(違反建築物) 都市計画法(地域地区)
民法(不法行為) 都市計画法(用途地域)
民法(不法行為)
建築基準法(単体規定)
都市計画法(区域区分)
平成18年度 平成17年度 平成16年度 平成15年度
民法・不動産登記法 民法(無権代理) 民法(共有,相続) 民法(契約の取消)
民法(不法行為責任) 民法.借地借家法 民法(抵当権付建物の賃貸借) 民法(代理)
民法・区分所有法 民法(消滅時効) 民法(請負) 民法(贈与)
民法(不法行為,使用者責任) 民法(請負) 民法(不法行為) 民法(不法行為)
民法(相続) 民法(共同不法行為) 建築基準法(単体規定) 建築基準法(準防火地域内の共同住宅)
建築基準法(容積率) 民法(相続) 建築基準法(単体規定) 建築基準法(居室の衛生上の措置)
建築基準法(単体規定) 建築基準法(容積率) 都市計画法(都市計画の内容) 都市計画法(再開発等促進区)+
都市計画法(地区計画) 建築基準法(防火,準防火地域)
都市計画法(建ぺい率)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください