宅建試験でも出るかも? マンション管理士 過去問 H17-16 民法(請負) 問題と解説

宅建と兄弟資格でもあるマンション管理士試験ですから、
その過去問については、宅建試験で問われても何ら不思議ではありません。

難易度レベルもほぼ変わりありませんので、
腕試しのつもりで、ぜひ、挑戦して見てください。

マンション管理士 過去問 H17-16 民法(請負) 問題

Aは、その所有する甲マンション(管理組合乙)の店舗部分(102号室)において喫茶店を経営しており、その内装改修のため、工事業者Bに内装工事を発注した。この場合に関する次の記述のうち、民法及び区分所有法の規定並びに判例によれば、誤っているのはどれか。

  1. 乙の規約で専有部分の修繕等を行う場合にはあらかじめ書面による乙の承認を受けるべき旨が定められているにもかかわらず、Aが乙の承認を受けないで工事契約を締結した場合であっても、その契約は、当然には無効とはならない。
  2. 内装工事で設置された照明器具が工事契約で特にデザインにつき約定されていた場合に、メーカーが同じで、照度、消費電力等の照明器具としての性能は同等であるもののデザインが全く異なるものであったときは、Aは、Bに対して、相当な期間を定めてその瑕疵の修補を請求することができる。
  3. 工事契約で工期の遅延につき特別の合意をしていない場合に、Bの資材の調達の手違いにより内装工事の完成が約定工期より遅れ、喫茶店の開店が遅れたときは、Aは、Bに対して、開店が遅れたことによる営業上の損害につき損害賠償を請求することができる。
  4. Aは、Bの塗料の選定が不適切であったため施工後の塗装の乾燥が十分でないことを知らずに開店したところ、来客が衣服を汚損した場合、被害者に支払った損害賠償金損害額を工事の瑕疵による損害賠償としてBに請求するには、Bの塗料の選定に過失があったことを証明しなければならない。



マンション管理士 過去問 H17-16 民法(請負) 解説

 

1. 〇 正しい

【問題】

Aは、その所有する甲マンション(管理組合乙)の店舗部分(102号室)において喫茶店を経営しており、その内装改修のため、工事業者Bに内装工事を発注した。

乙の規約で専有部分の修繕等を行う場合にはあらかじめ書面による乙の承認を受けるべき旨が定められているにもかかわらず、Aが乙の承認を受けないで工事契約を締結した場合であっても、その契約は、当然には無効とはならない。

【解説】

契約は当事者の自由にまかせ、国家はこれに干渉してはならないとする、契約自由の原則が近代法の重要な原則の一つにあります。

ただ、ABの契約が、公序良俗に反するような契約であれば、民法90条の規定によって無効とされますが、内装工事の請負契約が公序良俗に反する契約だとは決してならないと判断できます。

また、乙の規約は、甲マンション内での決め事で、これに反しているからとして、公序良俗に反する行為までとは到底考えられません。

従って、AB間の契約が当然に無効とはならないと判断できます。

 

2. 〇 正しい

【問題】

Aは、その所有する甲マンション(管理組合乙)の店舗部分(102号室)において喫茶店を経営しており、その内装改修のため、工事業者Bに内装工事を発注した。

内装工事で設置された照明器具が工事契約で特にデザインにつき約定されていた場合に、メーカーが同じで、照度、消費電力等の照明器具としての性能は同等であるもののデザインが全く異なるものであったときは、Aは、Bに対して、相当な期間を定めてその瑕疵の修補を請求することができる。

【解説】

特にデザインにつき約定されていた」にもかかわらず、デザインが全く異なるものが付いていたら、Aでなくても約束したデザインの照明に換えろと言うはずです。
ですから、記述は正しいと判断できます。

なお、判例では、特にデザインにつき約定されていたにもかかわらず、デザインが全く異なるものを付けたということは、工事業者Bの不完全履行であり瑕疵があるとして、民法634条の請負人の担保責任を適用して、Aは、Bに対して、相当な期間を定めてその瑕疵の修補を請求することができるとしています。

 

3. 〇 正しい

【問題】

Aは、その所有する甲マンション(管理組合乙)の店舗部分(102号室)において喫茶店を経営しており、その内装改修のため、工事業者Bに内装工事を発注した。

工事契約で工期の遅延につき特別の合意をしていない場合に、Bの資材の調達の手違いにより内装工事の完成が約定工期より遅れ、喫茶店の開店が遅れたときは、Aは、Bに対して、開店が遅れたことによる営業上の損害につき損害賠償を請求することができる。

【解説】

内装工事の完成が約定工期より遅れたのは、Bの資材の調達の手違いによって発生していますから、ABどちらが悪いかを考えた場合、明らかにBが悪いとなります。

ですから、その損害はBに補填してもらうことになるはずですから、記述は正しいと判断できます。

民法415条
債務者がその債務の本旨に従った履行をしないときは、債権者は、これによって生じた損害の賠償を請求することができる。債務者の責めに帰すべき事由によって履行をすることができなくなったときも、同様とする。

 

4. × 誤り

【問題】

Aは、その所有する甲マンション(管理組合乙)の店舗部分(102号室)において喫茶店を経営しており、その内装改修のため、工事業者Bに内装工事を発注した。

Aは、Bの塗料の選定が不適切であったため施工後の塗装の乾燥が十分でないことを知らずに開店したところ、来客が衣服を汚損した場合、被害者に支払った損害賠償金損害額を工事の瑕疵による損害賠償としてBに請求するには、Bの塗料の選定に過失があったことを証明しなければならない。

【解説】

思い出してもらいたいのですが、売主の瑕疵担保責任と言うのは、売主が瑕疵の存在を知っていようが、いまいが、関係なく追及できるものでした。

ですから、請負人の担保責任も同様に、請負人が瑕疵の存在を知っていようが、いまいが、関係なく追及できるものとなります。

と言うことは、Bの塗料の選定に過失があったことを証明しなくても、請負人Bの担保責任は、追及できるとなりますので、記述は誤りだとなります。

 

以上より、解答はでした。 

正解肢4について、瑕疵担保責任は無過失責任だと言うことが頭に入っていれば、簡単にわかったと思いますが、請負人の担保責任の問題に置き換わっていたため、難しかったのではないかと想像します。

ご意見、ご質問などございましたら、コメント欄にお願いします。
ランキングに参加しています。
↓↓↓↓ポチッと応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ

マンション管理士 過去問
平成29年度 平成28年度 平成27年度 平成26年度
民法(転貸借) 民法(共有) 民法(贈与) 借地借家法(賃料減額請求)
民法(債務不履行) 民法(連帯保証) 民法(無権代理) 民法(意思能力)
民法(瑕疵担保責任) 民法(賃貸・売買) 民法(共有) 民法(不法行為)
民法(抵当権) 民法(賃貸借契約) 民法(使用貸借) 民法(賃借権の譲渡)
民法(代襲相続) 民法(不法行為) 民法(相続) 民法(相続)
民法(相続) 建築基準法 宅建業法(瑕疵担保責任)
都市計画法(都市計画) 都市計画法 建築基準法
建築基準法(混合問題) 都市計画法
平成25年度 平成24年度 平成23年度 平成22年度
民法(二重売買) 民法(共有) 民法(瑕疵担保責任) 民法(滞納管理費)
民法(抵当権) 民法(管理費等) 民法(寄託) 民法(敷金)
民法(手付) 民法・宅建業法(瑕疵担保責任) 民法(不法行為) 民法(担保責任)
民法(賃借権の相続) 民法(転貸借) 民法(遺産分割) 民法(請負人の担保責任)
借地借家法(定期建物賃貸借) 民法(不法行為) 民法(滞納管理費) 民法(請負)
建築基準法(防火・準防火地域) 民法(相続) 建築基準法(違反建築物等) 民法(不法行為)
都市計画法(地域地区) 建築基準法(防火・準防火地域) 都市計画法(地域地区) 民法(不法行為)
都市計画法 建築基準法(単体規定)
都市計画法(区域区分)
平成21年度 平成20年度 平成19年度 平成18年度
民法(不法行為) 民法(抵当権) 民法(不在者の財産管理及び失踪の宣告) 民法・不動産登記法
民法(時効の中断) 民法(共有) 民法(共有) 民法(不法行為責任)
民法(相続) 民法(担保責任) 民法(相続) 民法・区分所有法
民法(免責的債務引受) 都市計画法(地域地区) 建築基準法(耐火,準耐火建築物) 民法(不法行為,使用者責任)
建築基準法(違反建築物) 都市計画法(地域地区) 民法(相続)
都市計画法(用途地域) 建築基準法(容積率)
建築基準法(単体規定)
都市計画法(地区計画)
平成17年度 平成16年度 平成15年度
民法(無権代理) 民法(共有,相続) 民法(契約の取消)
民法.借地借家法 民法(抵当権付建物の賃貸借) 民法(代理)
民法(消滅時効) 民法(請負) 民法(贈与)
民法(請負) 民法(不法行為) 民法(不法行為)
民法(共同不法行為) 建築基準法(単体規定) 建築基準法(準防火地域内の共同住宅)
民法(相続) 建築基準法(単体規定) 建築基準法(居室の衛生上の措置)
建築基準法(容積率) 都市計画法(都市計画の内容) 都市計画法(再開発等促進区)
建築基準法(防火,準防火地域)
都市計画法(建ぺい率)

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.