宅建試験でも出るかも? マンション管理士 過去問 H15-16 民法(不法行為) 問題と解説

宅建と兄弟資格でもあるマンション管理士試験ですから、
その過去問については、宅建試験で問われても何ら不思議ではありません。

難易度レベルもほぼ変わりありませんので、
腕試しのつもりで、ぜひ、挑戦して見てください。

マンション管理士 過去問 H15-16 民法(不法行為) 問題

甲マンションの301号室の所有者Aが同室をB社の社宅として賃貸し、B社の社員Cが入居したところ、Cが不注意により洗濯機から溢水(いっすい)させ、同室及び直下の201号室(所有者D)に損害を与えた。この場合に関する次の記述のうち、民法の規定によれば、正しいものはどれか。ただし、301号室には、瑕疵はなかったものとする。

  1. Aは、溢水の行為者ではないが、301号室の所有者として、Dに対して損害賠償責任を負う。
  2. Bは、Cの溢水行為が社宅内の出来事であるので、Cの使用者として、Dに対して損害賠償責任を負う。
  3. Bは、溢水の行為者ではないから、Aに対して損害賠償責任を負わない。
  4. Cは、未成年者であっても、A及びDに対して損害賠償責任を負う。



マンション管理士 過去問 H15-16 民法(不法行為) 解説

 

1. × 誤り

【問題】

甲マンションの301号室の所有者Aが同室をB社の社宅として賃貸し、B社の社員Cが入居したところ、Cが不注意により洗濯機から溢水(いっすい)させ、同室及び直下の201号室(所有者D)に損害を与えた。ただし、301号室には、瑕疵はなかったものとする。

Aは、溢水の行為者ではないが、301号室の所有者として、Dに対して損害賠償責任を負う。

【解説】

この問題は、Aが民法717条の適用を受けるかどうかを訊いています。
条文には『土地の工作物の設置又は保存に瑕疵があることによって他人に損害を生じたときは、その工作物の占有者は、被害者に対してその損害を賠償する責任を負う。ただし、占有者が損害の発生を防止するのに必要な注意をしたときは、所有者がその損害を賠償しなければならない。』となっています。

記述の前提条件として、「301号室には、瑕疵はなかったものとする」となっていますから、民法717条の適用は受けないと判断できます。

また、洗濯機から溢水させたのは、Cであり、Aではありませんから、AがDに対して損害賠償責任を負うことはないとなります。

 

2. × 誤り

【問題】

甲マンションの301号室の所有者Aが同室をB社の社宅として賃貸し、B社の社員Cが入居したところ、Cが不注意により洗濯機から溢水(いっすい)させ、同室及び直下の201号室(所有者D)に損害を与えた。ただし、301号室には、瑕疵はなかったものとする。

Bは、Cの溢水行為が社宅内の出来事であるので、Cの使用者として、Dに対して損害賠償責任を負う。

【解説】

使用者責任の条文を確認しておきましょう。
『ある事業のために他人を使用する者は、被用者がその事業の執行について第三者に加えた損害を賠償する責任を負う。ただし、使用者が被用者の選任及びその事業の監督について相当の注意をしたとき、又は相当の注意をしても損害が生ずべきであったときは、この限りでない。』と民法715条1項に書かれています。

つまり、使用者責任を問われるためには、「被用者がその事業の執行について」と言う要件をクリアしている必要がありますが、記述は、洗濯機から溢水ですから事業の執行に関係する行為とは言い難いですので、Bの使用者責任は問われないと判断ができ、Dに対しての損害賠償責任は負うことはないとなります。

 

3. × 誤り

【問題】

甲マンションの301号室の所有者Aが同室をB社の社宅として賃貸し、B社の社員Cが入居したところ、Cが不注意により洗濯機から溢水(いっすい)させ、同室及び直下の201号室(所有者D)に損害を与えた。ただし、301号室には、瑕疵はなかったものとする。

Bは、溢水の行為者ではないから、Aに対して損害賠償責任を負わない。

【解説】

例えば、BがAから100万円を借りていたとしましょう。
弁済日が来たので、BがCに、Aに100万円を弁済してくるようにとCに100万円を預けたところ、CがAの所に行く途中、Cの不注意で100万円をなくしてしまいました。
結果、Aに返済はできていないと言った場合、あなたがAだったら、誰に文句をいいますか?
当然ながら、Bに文句を言うと思います。
このCの立場を履行補助者と言っていますが、この考え方で、記述を考えます。

AB間で結ばれている賃貸借ですから、Bが301号室を使用収益することになるのですが、Bはその社員Cに代えて301号室を使用収益をさせています。Cの不注意により建物の損害が発生したら、先ほどの事例の考え方をあてはめてCを履行補助者とすれば、当然Aは、Bに文句を言うことになります。

ですから、Bは、賃借人として、Aに対して損害賠償責任を負うとなります。

 

4. 〇 正しい

【問題】

甲マンションの301号室の所有者Aが同室をB社の社宅として賃貸し、B社の社員Cが入居したところ、Cが不注意により洗濯機から溢水(いっすい)させ、同室及び直下の201号室(所有者D)に損害を与えた。ただし、301号室には、瑕疵はなかったものとする。

Cは、未成年者であっても、A及びDに対して損害賠償責任を負う。

【解説】

『未成年者は、他人に損害を加えた場合において、自己の行為の責任を弁識するに足りる知能を備えていなかったときは、その行為について賠償の責任を負わない。』と民法712条に規定されています。

ですから、単に未成年(20歳未満)だからと言って、不法行為による損害賠償責任が免除されるわけではありません。そして、判例では、11歳から12歳程度(中学1年生)であれば、自己の行為の責任を弁識するに足りる知能を備えているとしています。

記述のCはB社の社員として働いていることから、中学校を卒業する年齢以上だと推測されますので、自己の行為の責任を弁識するに足りる知能を備えている者と判断でき、Cは、未成年者であっても、A及びDに対して損害賠償責任を負うとなります。

 

以上より、解答はでした。 

肢1,2は簡単だったと思いますが、肢3,4はちょっと難しかったと思います。

ご意見、ご質問などございましたら、コメント欄にお願いします。
ランキングに参加しています。
↓↓↓↓ポチッと応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ

マンション管理士 過去問
平成29年度 平成28年度 平成27年度 平成26年度
民法(転貸借) 民法(共有) 民法(贈与) 借地借家法(賃料減額請求)
民法(債務不履行) 民法(連帯保証) 民法(無権代理) 民法(意思能力)
民法(瑕疵担保責任) 民法(賃貸・売買) 民法(共有) 民法(不法行為)
民法(抵当権) 民法(賃貸借契約) 民法(使用貸借) 民法(賃借権の譲渡)
民法(代襲相続) 民法(不法行為) 民法(相続) 民法(相続)
民法(相続) 建築基準法 宅建業法(瑕疵担保責任)
都市計画法(都市計画) 都市計画法 建築基準法
建築基準法(混合問題) 都市計画法
平成25年度 平成24年度 平成23年度 平成22年度
民法(二重売買) 民法(共有) 民法(瑕疵担保責任) 民法(滞納管理費)
民法(抵当権) 民法(管理費等) 民法(寄託) 民法(敷金)
民法(手付) 民法・宅建業法(瑕疵担保責任) 民法(不法行為) 民法(担保責任)
民法(賃借権の相続) 民法(転貸借) 民法(遺産分割) 民法(請負人の担保責任)
借地借家法(定期建物賃貸借) 民法(不法行為) 民法(滞納管理費) 民法(請負)
建築基準法(防火・準防火地域) 民法(相続) 建築基準法(違反建築物等) 民法(不法行為)
都市計画法(地域地区) 建築基準法(防火・準防火地域) 都市計画法(地域地区) 民法(不法行為)
都市計画法 建築基準法(単体規定)
都市計画法(区域区分)
平成21年度 平成20年度 平成19年度 平成18年度
民法(不法行為) 民法(抵当権) 民法(不在者の財産管理及び失踪の宣告) 民法・不動産登記法
民法(時効の中断) 民法(共有) 民法(共有) 民法(不法行為責任)
民法(相続) 民法(担保責任) 民法(相続) 民法・区分所有法
民法(免責的債務引受) 都市計画法(地域地区) 建築基準法(耐火,準耐火建築物) 民法(不法行為,使用者責任)
建築基準法(違反建築物) 都市計画法(地域地区) 民法(相続)
都市計画法(用途地域) 建築基準法(容積率)
建築基準法(単体規定)
都市計画法(地区計画)
平成17年度 平成16年度 平成15年度
民法(無権代理) 民法(共有,相続) 民法(契約の取消)
民法.借地借家法 民法(抵当権付建物の賃貸借) 民法(代理)
民法(消滅時効) 民法(請負) 民法(贈与)
民法(請負) 民法(不法行為) 民法(不法行為)
民法(共同不法行為) 建築基準法(単体規定) 建築基準法(準防火地域内の共同住宅)
民法(相続) 建築基準法(単体規定) 建築基準法(居室の衛生上の措置)
建築基準法(容積率) 都市計画法(都市計画の内容) 都市計画法(再開発等促進区)
建築基準法(防火,準防火地域)
都市計画法(建ぺい率)

コメントを残す