宅建超高速勉強術にようこそ♪

WS000001

始めまして、わたしは、平成14年に行政書士,宅建,社労士と 1年足らずで3つの国家試験に、
無事合格させていただいた矢野と申します。

この時の、受験経験を活かして、宅建超高速勉強術社労士超高速勉強術と言う、勉強法マニュアルを平成19年から出させていただき、これまで多くの方を合格まで導いてまいりました。

情報商材は、詐欺ばかりと言われた時から販売させていただき、
着実に実績を積んでまいりましたが、

 

最近になりまして、テキストは付いていないんですか?と言う
ご質問をたくさん頂くようになり、これまではマニュアル内で
安価の市販テキストを推奨させて頂いていますと、お答えしていました。

しかしなが、あまりに多くの方から、テキストを配布してほしいと言う
お声を頂きまして、

 

よーし!それじゃあ無料で、わたしの頭の中を公開しようと思いたち
このブログを立ち上げることにしました。

わたしも時間に制限がございますので、全てを網羅して書くことはまでは
できないと思いますが、

最低限ここまでやれば、合格レベルまで 行くと言うところまでは、
書こうと思っていますので、どうぞよろしくお願いします。

大いに勉強して行ってください!

 

なお時間が許す限り質問にもお答えしていこうと思っていますので、
お気軽に、コメント欄にお書きください。

 

また、宅建超高速勉強術の購入者のみ閲覧できないページもございますが、
できるだけオープンにしていこうと思っています。

 

一気には書けませんが、少しずつ積み上げて行きますので、
ぜひお気に入りにでも入れておいてください。


ランキングに参加しています。
↓↓↓↓ポチッと応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 資格ブログ 宅建試験へ

宅建試験でも出るかも? 不動産鑑定士 短答式過去問 H28-31 農地法 問題と解説

不動産鑑定士試験での農地法は、宅建士試験と比べ、若干難しいと言った程度です。
農地法自体が、条文数も少ない、易しい法律ですので、ぜひ挑戦して、参考にしていただけたらと思います。

不動産鑑定士 短答式過去問 H28-31 農地法 問題

農地法に関する次のイからホまでの記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

イ. 遺産の分割によって農地を取得する場合、農地法に基づく許可を受ける必要がある。

ロ. 農地の賃貸借について、登記簿に登記をしなかった場合でも、農地法に基づく許可を得て農地の引渡しを受ければ、その後、その農地について所有権を取得した第三者に対抗することができる。

ハ. 公開会社は、いかなる場合でも農地の貸借権の設定を受けることができない。

ニ. 市街化区域内にある農地を転用する場合、あらかじめ農業委員会に届け出れば農地法上の許可は不要である。

ホ. 市街化調整区域内にある農地を転用する場合、当該農地が利用されておらず既に遊休化しているときには、農地法の許可を受ける必要はない。

  1. イとハ
  2. イとホ
  3. ロとニ
  4. ロとホ
  5. ハとニ

「宅建試験でも出るかも? 不動産鑑定士 短答式過去問 H28-31 農地法 問題と解説」の続きを読む…

宅建試験でも出るかも? 不動産鑑定士 短答式過去問 H28-25 宅建業法 問題と解説

不動産鑑定士試験での宅建業法は、はっきり言って簡単です。
基本問題ばかりですから、ぜひ挑戦して見てください。

不動産鑑定士 短答式過去問 H28-25 宅建業法 問題

宅地建物取引業法に関する次のイからホまでの記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

イ. 宅地建物取引業者は、宅地の造成又は建物の建築に関する工事の完了前においては、いかなる場合であっても、当該工事に係る宅地又は建物の売買その他の業務に関する広告をしてはならない。

ロ. 重要事項の説明を行う宅地建物取引士については、必ずしも専任の宅地建物取引士である必要はない。

ハ. 宅地建物取引業者が自ら売主となる建物の売買契約について、当該宅地建物取引業者の事務所において買受けの申込みをした者は、書面により当該買受けの申込みの撤回を行うことができる。

ニ. 宅地建物取引業者は、宅地の売買の媒介契約を締結したときは、宅地建物取引士に、法律で定める事項を記載し記名押印した書面を依頼者に交付させなければならない。

ホ. 宅地建物取引業保証協会に加入しない宅地建物取引業者は,営業保証金を供託し,その供託物受入れの記載のある供託書の写しを添付してその旨をその免許を受けた国土交通大臣又は都道府県知事に届け出た後でなければ,その事業を開始してはならない。

  1. イとロ
  2. イとニ
  3. ロとニ
  4. ロとホ
  5. ハとホ

「宅建試験でも出るかも? 不動産鑑定士 短答式過去問 H28-25 宅建業法 問題と解説」の続きを読む…

宅建試験でも出るかも? 不動産鑑定士 短答式過去問 H28-24 宅地造成規制法 問題と解説

不動産鑑定士で出題される宅地造成規制法は、宅建と同レベルです。
ぜひ、問題を解いてみてください。

不動産鑑定士 短答式過去問 H28-24 宅地造成規制法 問題

宅地造成等規制法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。

  1. 宅地造成工事規制区域の指定のため、他人の占有する土地に立ち入って調査を行う者は、立ち入ろうとする1週間前までに土地の占有者に通知しなければならない。
  2. 都道府県知事は、宅地造成工事規制区域内であっても、関係市町村長の意見を聞いて、造成宅地防災区域を指定できる。
  3. 宅地造成工事規制区域内において、宅地以外の土地を宅地に転用した者は、転用した日から21日以内にその旨を都道府県知事へ届け出なければならない。
  4. 宅地造成工事規制区域内や造成宅地防災区域内の宅地に擁壁を設置した場合、造成宅地防災区域の指定が解除されることはあっても、宅地造成工事規制区域の指定は解除されない。
  5. 宅地造成工事規制区域内において行われる宅地造成に関する工事の許可を受けた者が、その工事の計画を変更しようとするときは、都道府県知事が一旦その許可を取り消した上で、再度許可を受ける必要がある。

「宅建試験でも出るかも? 不動産鑑定士 短答式過去問 H28-24 宅地造成規制法 問題と解説」の続きを読む…

宅建試験でも出るかも? 不動産鑑定士 短答式過去問 H28-22 不動産登記法 問題と解説

不動産鑑定士で出題される不動産登記法は、宅建士の不動産登記法と比べて、
同レベルの難易度ですから、参考になる問題ばかりだと思います。

不動産鑑定士 短答式過去問 H28-22 不動産登記法 問題

不動産の表示に関する登記に関する次のイからホまでの記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

イ. 登記官は、表示に関する登記について、職権で登記しようとする場合に限り、当該不動産の表示に関する事項を調査することができる。

ロ. 表題部所有者又は所有権の登記名義人が表示に関する登記の申請人となることができる場合において、当該表題部所有者又は登記名義人について相続があったときは、相続人は,当該表示に関する登記を申請することができない。

ハ. 新築した建物又は区分建物以外の表題登記がない建物の所有権を取得した者は,その所有権の取得の日から1月以内に,表題登記を申請しなければならない。

ニ. 地目が相互に異なる土地については、表題部所有者又は所有権の登記名義人が同一であっても、合筆の登記をすることができない。

ホ. 所有権の登記以外の権利に関する登記がある土地については、分筆の登記をすることができない。

  1. イとロ
  2. イとホ
  3. ロとニ
  4. ハとニ
  5. ハとホ

「宅建試験でも出るかも? 不動産鑑定士 短答式過去問 H28-22 不動産登記法 問題と解説」の続きを読む…

宅建試験でも出るかも? 不動産鑑定士 短答式過去問 H28-20 建築基準法(混合問題) 問題と解説

不動産鑑定士試験での建築基準法は、宅建士試験と比べ、かなり難しいです。
ですが、類似の問題も多いため、参考になると思います。

不動産鑑定士 短答式過去問 H28-20 建築基準法(混合問題) 問題

建築基準法(以下この問において「法」という。)に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 法第52条第1項に定める容積率の限度に関して、用途地域の指定のない区域内の建築物に係る容積率の限度は、所定の数値のうちから、特定行政庁が土地利用の状況等を考慮し当該区域を区分して都道府県都市計画審議会の議を経て定められる。
  2. 用途地域以外の地域地区等の指定及び特定行政庁の許可について考慮しないものとする場合、神社は工業専用地域に建築することができる。
  3. 法第52条第2項各号の規定により前面道路の幅員のメートルの数値に乗ずる数値が10分の4とされている建築物で、前面道路の境界線から後退して壁面線の指定がある場合において当該壁面線を越えないもの(ひさしその他の建築物の部分で政令で定めるものを除く。)については、当該前面道路の境界線は、当該壁面線にあるものとみなして、同条第2項から第7項まで及び第9項の規定を適用することができる。ただし、建築物の容積率は、当該前面道路の幅員のメートルの数値に10分の6を乗じたもの以下でなければならない。
  4. 工業地域内においては、病院は、建築してはならないが、特定行政庁が公益上やむを得ないと認めて許可した場合に限り建築することができる。
  5. 公園、広場、道路、川その他これらに類するものの内にある建築物で特定行政庁が安全上、防火上及び衛生上支障がないと認めて許可したものについては、建ぺい率について定める法第53条第1項から第4項までの規定は適用されない。

「宅建試験でも出るかも? 不動産鑑定士 短答式過去問 H28-20 建築基準法(混合問題) 問題と解説」の続きを読む…

宅建試験でも出るかも? 不動産鑑定士 短答式過去問 H28-19 建築基準法(地区) 問題と解説

不動産鑑定士試験での建築基準法は、宅建士試験と比べ、かなり難しいです。
ですが、類似の問題も多いため、参考になると思います。

不動産鑑定士 短答式過去問 H28-19 建築基準法(地区) 問題

建築基準法(以下この問において「法」という。)に関する次のイからホまでの記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

イ. 都市再生特別地区内においては、一定の場合を除き、建築物の容積率及び建ぺい率、建築物の建築面積(同一敷地内に二以上の建築物がある場合においては,それぞれの建築面積)並びに建築物の高さは、都市再生特別地区に関する都市計画において定められた内容に適合するものでなければならない。

ロ. 特定用途誘導地区内においては、地方公共団体は、その地区の指定の目的のために必要と認める場合においては,建築審査会の承認を得て、条例で、用途地域に関する法第48条第1項から第12項までの規定による制限を緩和することができる。

ハ. 高度利用地区内においては、敷地内に道路に接して有効な空地が確保されていること等により、特定行政庁が、交通上、安全上、防火上及び衛生上支障がないと認めて許可した建築物については、法第56条第1項第3号の規定による北側斜線制限を適用しない。

ニ. 地区計画等においてその配置及び規模又はその区域が定められた道の相当部分の整備が既に行われており、整備の行われていない道の部分に建築物の建築等が行われることにより整備された道の機能を著しく阻害するおそれがある場合、特定行政庁は、原則として、当該地区計画等の区域において、地区計画等に定められた道の配置及び規模又はその区域に即して、政令で定める基準に従い、予定道路の指定を行うことができる。

ホ. 景観地区内においては、建築物の敷地面積は、景観地区に関する都市計画において建築物の敷地面積の最低限度が定められたときは、当該最低限度以上でなければならないが、学校、駅舎、卸売市場その他これらに類する公益上必要な建築物は、この限りでない。

  1. イとハ
  2. イとニ
  3. ロとニ
  4. ロとホ
  5. ニとホ

「宅建試験でも出るかも? 不動産鑑定士 短答式過去問 H28-19 建築基準法(地区) 問題と解説」の続きを読む…

宅建試験でも出るかも? 不動産鑑定士 短答式過去問 H28-18 建築基準法(道路,壁面線) 問題と解説

不動産鑑定士試験での建築基準法は、宅建士試験と比べ、かなり難しいです。
ですが、類似の問題も多いため、参考になると思います。

不動産鑑定士 短答式過去問 H28-18 建築基準法(道路,壁面線) 問題

建築基準法(以下この問において「法」という。)に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

  1. 周囲に公園などの広い空地を有し、特定行政庁が交通上、安全上、防火上及び衛生上支障がないと認めて建築審査会の同意を得て許可した建築物の敷地については、当該敷地と道路が接する長さが2メートル未満であったとしても建築可能である。
  2. 特定行政庁は、土地の状況によりやむを得ない場合においては、道路に関する法第42条第2項の規定にかかわらず、同項に規定する中心線からの水平距離については2メートル未満1.35メートル以上の範囲内において、同項に規定するがけ地等の境界線からの水平距離については4メートル未満2.7メートル以上の範囲内において、別にその水平距離を指定することができる。
  3. 道路内建築制限の規制が及ばない建築物について、地区計画の区域内の自動車のみの交通の用に供する道路又は特定高架道路等の上空又は路面下に設ける建築物のうち、当該地区計画の内容に適合し、かつ、政令で定める基準に適合するものであって特定行政庁が安全上,防火上及び衛生上支障がないと認めるものの建築に当たっては、建築審査会の同意を得る必要はない。
  4. 特定行政庁がその地方の気候若しくは風土の特殊性又は土地の状況により必要と認めて都道府県都市計画審議会の議を経て指定する区域内の道路においては、6メートル以上の幅員が確保されていなければならない。
  5. 特定行政庁は、街区内における建築物の位置を整えその環境の向上を図るために必要があると認める場合においては、建築審査会の同意を得て、壁面線を指定することができる。この場合において、その指定に利害関係を有する者の申請があった際には、公開による意見の聴取を行うことができる。

「宅建試験でも出るかも? 不動産鑑定士 短答式過去問 H28-18 建築基準法(道路,壁面線) 問題と解説」の続きを読む…

宅建試験でも出るかも? 不動産鑑定士 短答式過去問 H28-17 建築基準法(建築確認) 問題と解説

不動産鑑定士試験での建築基準法は、宅建士試験と比べ、かなり難しいです。
ですが、類似の問題も多いため、参考になると思います。

不動産鑑定士 短答式過去問 H28-17 建築基準法(建築確認) 問題

建築基準法に関する次のイからホまでの記述のうち、誤っているものの組み合わせはどれか。

イ. 床面積の合計が200平方メートルの飲食店をすべて集会場の用途に変更する場合,用途の変更について、建築主事又は指定確認検査機関の確認を受けなければならない。

ロ. 建築物の除却の工事を施工する者は、建築物を除却しようとする際、当該工事に係る部分の床面積の合計が20平方メートルの場合、建築物を除却しようとする旨を都道府県知事に届け出なければならない。

ハ. 共同住宅で、その床面積の合計が200平方メートルであるものについて大規模の模様替えをしようとする場合,工事に着手する前に、その計画について建築主事又は指定確認検査機関の確認を受けなければならない。

ニ. 防火地域及び準防火地域外において建築物を増築しようとする場合で、その増築に係る部分の床面積の合計が15平方メートル以内である場合は、建築確認を受けなくてもよい。

ホ. 建築主は、階数が3の共同住宅の工事に2階の床及びこれを支持するはりに鉄筋を配置する工程が含まれる場合、当該工程に係る工事を終えるまでに建築主事又は指定確認検査機関に中間検査を申請しなければならない。

  1. イとロ
  2. ロとハ
  3. ロとニ
  4. ハとニ
  5. ニとホ

「宅建試験でも出るかも? 不動産鑑定士 短答式過去問 H28-17 建築基準法(建築確認) 問題と解説」の続きを読む…

宅建試験でも出るかも? 不動産鑑定士 短答式過去問 H28-16 建築基準法(単体規定) 問題と解説

不動産鑑定士試験での建築基準法は、宅建士試験と比べ、かなり難しいです。
ですが、類似の問題も多いため、参考になると思います。

不動産鑑定士 短答式過去問 H28-16 建築基準法(単体規定) 問題

建築基準法に関する次のイからホまでの記述のうち、誤っているものの組み合わせはどれか。

イ. 地方公共団体は、条例で、出水による危険の著しい区域を災害危険区域として指定し、区域内における住居の用に供する建築物の建築に関する制限について定めることができる。

ロ. 住宅の居室には、採光のための窓その他の開口部を設け、採光に有効な部分の面積が居室の床面積の7分の1以上としなければならない。

ハ. 高さ30メートルの建築物には、周囲の状況によって安全上支障がない場合においても、有効に避雷設備を設けなければならない。

ニ. 高さ30メートルの百貨店には、非常用の昇降機を設けなければならない。

ホ. 文化財保護法の規定により重要文化財として指定された建築物については、建築基準法の規定は適用されない。

  1. イとロ
  2. イとハ
  3. ロとハ
  4. ハとニ
  5. ニとホ

「宅建試験でも出るかも? 不動産鑑定士 短答式過去問 H28-16 建築基準法(単体規定) 問題と解説」の続きを読む…

宅建試験でも出るかも? 不動産鑑定士 短答式過去問 H28-12 土地区画整理法 問題と解説

不動産鑑定士試験での土地区画整理法は、宅建士試験と比べ、若干難しいと言った程度です。

宅建士の試験においても土地区画整理法は得点しにくい科目ですから、ぜひ挑戦して、参考にしていただけたらと思います。

不動産鑑定士 短答式過去問 H28-12 土地区画整理法 問題

土地区画整理法に関する次のイからニまでの記述のうち、正しいものの組み合わせはどれか。

イ. 利害関係者から換地計画に関する図書の閲覧の請求があった場合においては,施行者は、正当な理由がない限り、これを拒んではならない。

ロ. 都道府県知事は、都道府県が施行する土地区画整理事業ごとに、土地区画整理審議会の委員の中から、土地又は建築物の評価について経験を有する者を、評価員に選任しなければならない。

ハ. 土地区画整理組合は、参加組合員以外の組合員に対して、土地区画整理事業に要する経費に充てるため、賦課金として金銭を賦課徴収することができる。

ニ. 個人施行者が施行する土地区画整理事業の換地計画においては、災害を防止し、又は衛生の向上を図るため宅地の地積の規模を適正にする特別な必要があると認められる場合においては、その換地計画に係る区域内の地積が小である宅地について過小宅地にならないように換地を定めることができる。

  1. イとロ
  2. イとハ
  3. イとニ
  4. ロとニ
  5. ハとニ

「宅建試験でも出るかも? 不動産鑑定士 短答式過去問 H28-12 土地区画整理法 問題と解説」の続きを読む…